追悼 エドワード・ヴァンヘイレン ヤングギター オススメ バックナンバー

先日、2020年10月6日にアメリカのバンド ヴァンヘイレンのギタリスト エドワード・ヴァンヘイレンが亡くなってしまいました。65歳はあまりにも早いですね…。

 

自分もギターを弾き始めの頃に相当に影響を受け、随分とコピーをしたので本当にショックでした。自分の青春の1ページが亡くなった感じです涙

スポンサーリンク

追悼 エドワード・ヴァンヘイレン ヤングギター オススメ バックナンバー

1979年の鮮烈なバンドデビューで、

 

・耳馴染みの良いキャッチーで恰好良い楽曲

・ギターの特殊奏法の考案

・自作ギターの使用

・後年シグネイチャーアンプの開発販売

 

とギターと言う楽器の可能性をエディが相当に引き上げていますからね、この人がいなかったら音楽の歴史、ハードロックやポップスの流れが変わっていた程です。

 

当時は、Musicmanのエディモデルや、5150アンプをみんな使ってましたね。自分も5150のアンプヘッドを持ってましたよ笑

初めて動いているエディを見て腰を抜かした

今でこそ、YouTubeで動画とかを簡単に自由に見れますが、昔はこんな物が無かったので、海外の輸入VHSとかでしか動く姿を見れなかったんですね。

 

でようやく入手をしたVHSビデオ、『VAN HALEN Live Without a Net』で初めて動いているエディを見た時は、あまりの凄さに腰を抜かしましたね。

 

EVH_One Way To Rock_ LIVE

滅茶苦茶動きまわり、何よりも楽しそうにギターを弾いていると言う姿にとにかく衝撃でしたね。凄く久しぶりにライブ動画を見たのですが、今見てもやっぱり凄い笑 デイブ脱退直後、サミー加入時の一番乗りに乗っている頃ですね。

 

で今週の休みは自宅で、過去のヤングギターのエディ特集号を読んでいました。数年前に実家を掃除した際に、思い入れがあり処分出来ずにこっちに持って来たものです。

ヤングギター 1993年 2月号 エディ全所有ギター紹介 インタビュー

ヤングギター 1993年 2月号、エディの自宅に伺い全機材の撮影とインタビューを行っています。

 

デビュー当時から使っていた、自作をしたと言うギターの詳細な写真もあり、当時この記事を読み

 

『このギターこうなってたんだ…。』

 

と感動をしましたね。あと、この赤白黒ストライプフィニッシュのギターを『フランケンシュタイン』と言う名称が出回っていますが、これ多分最近になって付けられていますね。

 

93年当時のインタビューでは、エディは赤白黒フィニッシュの事を、

 

『ストライプ・クォーター・ベイビー』

 

と呼んでいます。

 

有名なKramer社の『5150』。実は結構なバリエーションが作られており、Musicmanとエンドース契約の後は、Kramerのデカールの上に、Musicmanを張り付けています。

 

機材とインタビュー以外でオススメは、こちらです。

ヤングギター 1993年 4月号 エディ ギター奏法 ソロ完全解説

ヤングギター 1993年 4月号では、エディの奏法の特集や、『LIVE』のソロ完全解説と相当に気合が入った特集を組んでいます。

 

ランディが表紙ですが、エディの特集に力を入れています。

 

丁度この時、『LIVE:RIGHT HERE RIGHT NOW』の2枚組が販売された直後でそれに合わせた特集ですね。

 

笑ってしまうのが、CDに収録されているエディのギターソロ316を全て採譜しています笑 約6分に渡るギターソロです。316は、息子の誕生日3月16日に由来しています。

 

当時、これもコピーをしてましたね。良くこんなのを読んで練習をしたよなと笑

 

エディファンの方には、

 

『ヤングギター 1993年 2月号』

『ヤングギター 1993年 4月号』

 

を本当にオススメをするので、バックナンバーを検索してみて下さいね。

 

まあ本当に悲しいニュースでしたが、エディの音楽は今後も人類が生き続ける限り残るので、皆さんも是非ヴァンヘイレンを聴いてみて下さいね。オススメはやっぱりファーストアルバムでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました