東京散歩 番外編 江の島~新江ノ島水族館 前編

9月最後のお休み、貰っていた『新江ノ島水族館』の招待券が9月までと言う事で初めて江の島、新江ノ島水族館に行って来ました。東京散歩番外編として前編、後編の2回に渡り掲載をしたいと思います。

 

東京散歩 番外編 江の島へ

お昼、新宿小田急線に集合し出発します。始発乗車なので座れて快適に移動が出来ます。

 

1時間程で藤沢に到着し、江ノ電に乗り換えます。レトロな感じがとても良い電車ですね。

 

観光客に、住民に通学のための学生と凄い込み合っていました。10分かからずに江ノ島駅に到着。このブログを書くまで知らなかったのですが、

 

江の島の正式な名称は、『江の島』で、駅名などには旧称の江ノ島が使われている事が多いようです。混乱しますね笑

 

弁天橋までの道ですが多くのお店があり、とても賑わっていました。

 

えらい立派な松が生えていた、旅館。

 

中は家財を販売するリサイクルショップでした。

 

弁天橋に到着、物売りにパフォーマーととても盛り上がっていました。

 

江の島のメイン通りに到着、多くのお店、観光客で凄い人だかりでした。

 

有名なお店である、『しらす問屋 とびっちょ』さんでお食事、事前に予約が出来るサービスEPARKで登録をしておいたので並ぶことなく入店。この日は生しらす完売との事で、かき揚げを注文してみました。

 

滅茶苦茶ボリューミーなので、小食の方は注意をされて下さい。美味しかったです。

 

メインの道の脇におみやげ屋さんがつらなります、竹細工であったり。

 

貝殻であったり。

 

参道入り口、みんな自撮りをしまくっていると言う。人にお願いをした方が綺麗に撮れるんですけどね・・・。

 

横にあった、交番の窓枠にセーラームーンのフィギュアが飾られていました。

 

エスカレータの エスカー (大人360円)に乗って移動します。

 

数個の神社に遭遇するのですがどこも大変混んでいます。恋愛にご利益があるとの事で、多くのおみくじがありました。

 

久しぶりの大吉で、中々嬉しい物です笑

 

島の中腹からの眺め、ヨットが沢山停泊していました。

 

なぜかイルキャンティがあり、店舗の上の展望場からの眺めです。

 

江の島で一番目立つ、シーキャンドル展望灯台。今回はこちらに寄らずに奥に向かいます。

 

大きなクモがいました。

 

以前『もやさま』でも紹介をされていた、特殊なアイスクリームが販売されているお店。凄い数があり、無難な 『しらす』を注文。人気は、『黒バニラ』か『しらす』との事です。

 

しらすが舌の上で確認出来る程にゴロゴロ入っており、甘さとしょっぱさが同居しており美味しかったです。こうなると、黒バニラなども気になります。

 

島には猫が沢山おり、人に慣れている為殆ど逃げる事がありませんでした。

 

昔からあるであろう石碑。こう言った物も島の中で沢山散見されました。

 

神社に狛犬も沢山あり、時代により作りや様式が変わっており、見て楽しめます。

 

狛犬と一緒に猫も神社を守っていました。ヒゲの様なブチがある猫でした笑

 

江の島の反対側の岩場までやって着ました。

 

本当は洞窟を見ようと言っていたのですが、帰りのボート『べんてん丸』が最終便との事で洞窟をやめ早く乗り場に向かいます。

 

べんてん丸、大人400円で乗船可能です。

 

数分おきに交互に船が到着するので、殆ど待つ事なく乗船が可能であると思われます。

 

結構なスピードで進んでいきます。

 

べんてん丸からおり、新江ノ島水族館にやって着ました。後編に続きます。

タイトルとURLをコピーしました