フットケア 足の治療 『魚の目』 を除去して来ました

3連休初日はどんよりと曇り空でしたね。コロナウィルスの一件で世界中がどんよりとしていますが、笑って過ごしましょうね。まあ、多分大丈夫なんじゃないかなと…苦笑

 

 

少し前から革靴を履いてる際に気になった事があり、お医者さんに行って来たので今日はその報告です。

スポンサーリンク

フットケア 足の治療 『魚の目』 を除去して来ました

昨年、約1年かけてリーガルトーキョーさんで革靴3足のオーダーシューズを作りました。

 

こちらですね。左から、Built To OrderのUチップ、工房九分仕立て サドルシューズ、フルオーダーメイド ウィングチップダブルモンクの3足です。

 

ここ最近はこの3足をメインに履いて1週間のローテーションを組んでいます。

 

が、今年の頭位から、『フルオーダーメイド』の靴を履いた際、

 

『右足の小指』

 

の当たりが強すぎて、夕方位になるとあまりの痛みに休み休み歩行をすると言う事態になっていました。で2月になり更に『右足の小指』の痛みが強まり、一体これは何だ?と自分の身体を観察してみました。

右足の小指 タコの進化 魚の目に

元々『右足の小指』には長年の革靴の擦れによる、

 

『タコ』

 

が出来ていました。以前このブログに記載をしましたが、子供の頃に左足首を骨折しその影響で、左足首の周りが太くなってます。

 

靴のサイズを左足に合わせているので右足が少しゆるいと。そのゆるさ(遊びが出る)の影響で擦れてタコが出来たのだと思っています。

 

で、お風呂上りにまじまじと右足の小指を見てみたのですが…。

 

(絵的に汚いので、モザイクを掛けています笑 中年の生足なんて何処にも需要がありませんからね笑)

タコの箇所に、『目』が出来ているのが分かりますか?真ん中のポツンとなっている箇所です。押すと痛みが出ます。

 

これ、『タコから魚の目になってるな…。』と気づきました。

 

タコと魚の目の違いは下記のサイトが非常に分かりやすかったです。

なるほど!魚の目・たこ|スピール™シリーズ|ニチバン
魚の目・たこの原因と見分け方をご説明します。できやすい場所、治療法、おすすめのスピール™シリーズなどもご紹介します。
| タコ・ウオノメは「靴の改善」で治す
「履き物で気になるタコ・ウオノメ」足に繰り返しできてしまうタコやウオノメ、気になりますよね!タコやウオノメが目立つので、ストッキングやサンダルを履きたくない、裸足になりたくないという方も多いと思います。そこで今回は、「タコ」や「ウオノメ」の

 

あんまり、自分の足などを普段じっくりと見る事などなかったので、自分の足がタコから魚の目になっている事にこの時に初めて気づきました。靴の痛みの原因はここに合った訳です。

 

原因に気づいたので、早速除去だと会社近くの皮膚科に予約を入れ治療に先週行って来ました。

魚の目の治療 除去は皮膚科で

会社から5分位の箇所に、『皮膚科』があったので予約を入れ指定の時間に来院。人生で初めて皮膚科に行ったのですが、若い女性が滅茶苦茶多くてびっくりしましたね。

 

名前が呼ばれ、診察室に入り靴下を脱ぎ、先生に足を見てもらうと、

 

『魚の目ですね。細い革靴を履いている方は多いです。

ゆったりとした靴を履いてみて下さい。』

 

との事でした。

 

魚の目の除去をお願いすると、本体部分がプラスチックで出来た使い捨てのメスを紙袋から取り出し、

 

『皮膚の固くなっている箇所と、目を取り除くので、深めに切り落とします。

場合に寄って少し血が出るかもしれないので、ご了承下さい。』

 

との事で了承。じゃ切り落としますねと魚の目の箇所にメスを入れると、物凄い切れ味で、

 

『15秒』

 

も掛からずに除去が終わりました。痛くも無ければ、血も出ないと。只々、メスのあまりの切れ味に驚きました笑 もう、本当に凄い切れ味ですよ。

 

因みに『魚の目』を除去をしこう言った見た目に変化をしました。

Before

After

真ん中に、ポツンと穴が開いているのですがここが魚の目の『目』と言われる部分でここを取り除かないと何度でも『魚の目』が再生してしまうそうです。

 

写真では分かり辛いのですが、皮膚の厚みにして1.5mm位の塊ごと今回除去をしてもらいました。

2020年 2月現在『魚の目』除去の治療費は?

『魚の目』除去ですが、問診と治療時間が5分程ととても短く、金額的には2020年2月現在以下となっています。

 

診察料 治療費 (初診料含む)1,730円

薬 10%サリチル酸ワセリン軟膏 640円

 

初診料が含まれているのですが、保険適用なので1,730円と安価で治療が可能となっています。今回はお医者さんから、

 

『冬と言う事もあり足が全体的に乾燥をしています。

ワセリンを出すのでお風呂上りに足に万遍なく塗って下さい。』

 

との事で処方箋を出してもらい、薬『サリチル酸ワセリン軟膏10%』も もらいました。

凄くねっとりした、油分の強い軟膏でお風呂上りに足全体に塗っているのですが、

 

『カカトのガサガサ』

 

が1週間程で解消され、小指の箇所も柔らかくなって来ておりその効果に驚いているばかりです。

『魚の目』を除去して靴の痛みは解消したのか?

今回『魚の目』を除去した事により、右足小指の痛みが解消され快適にオーダーシューズを履ける状態になりました。

 

魚の目により出っ張っていた箇所を綺麗さっぱり取り除いた事により、自分の足にフィットし、

 

『うわぁ~履きやすいなあ。』

 

と改めて実感をしました。(リーガルトーキョーさんにも今回痛みの件で色々と相談をしたのですが、靴は最高の出来で、問題は本人にあったと大変失礼しました。)

 

靴を履いた際に、『痛み』『違和感』を感じる方は靴に原因を求めると言う事を結構おかしがちですが、『人間本体に異常がある』と言う事も考えられるので、お風呂上りなどに、

 

『足裏、足本体』

 

などをたまには観察してあげて下さいね。普段自分の足なんて見る事ないですよね笑

 

あと、ワセリン軟膏の効果は本当に凄いので、靴にクリームを塗るのもいいが、人間にもクリームを塗るのは重要なんだなと今回色々と勉強になりました笑

 

是非皆さんも自分本体へのケアを色々と試してみて下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました