KAIZEN

今週もあっと言う間に終わりましたね。数度雨に降られ、マトリックスのブーツと、ローファーが雨濡れしたので週末に手入れをしてみたいと思います。

 

 

今月の頭9月から秋葉原の横にある、『浅草橋』のとある会社さんに出入りしています。是非協力をして欲しいと言う事で約3ヶ月程の勤務になるのですが、自宅から行けない距離でないので、

 

『自転車で通おう』

 

と決め、毎日朝、晩と軽快に自転車を漕いでいます。最短で一番楽なコースをほぼほぼ見つけたのですが、朝絶対に白山通りで信号に引っ掛かるのでここを何とか攻略が出来ないかな?などと考えています笑

 

KAIZEN

自転車ですが、現在3台Cannondaleを持っています。今回は駐車時間が長いので貴重な自転車は自宅に置き、万が一盗られてもいいかなと言う、ミニベロのフーリガンを利用しています。

 

街乗りはほぼこいつを利用をしており、こここうしたいなと思う事もあったので『KAIZEN』をしてみる事にしました。

 

特に気になるのがハンドルグリップで、手袋、素手と干渉をして、ツンツルテンになっています。また、自転車が風で倒れた事もあり、バーエンド、ブレーキの端が削れバリが出ています。

他にも直したい箇所があったのでKAIZENをして行きます。

 

ミノウラ ボトルケージホルダー とエルゴグリップを購入

自転車屋へ行き、店員さんにフーリガンに合う物をくださいと伝え購入をして来ました。ミノウラのボトルケージとノグチのエルゴグリップです。

 

この夏滅茶苦茶暑くて、なんでこの自転車には、ボトルケージ取り付けの穴が開いてないんだ…とかなり不便に感じていたのですが、ボディに穴をあけずに取り付けれる物があると知り購入。早くお店に行き相談をすればよかったと後悔しました笑

 

取り付け、交換完了

自宅に戻り、自転車に取り付け、交換を行います。六角レンチだけで出来るのでとても簡単でした。10分も掛からずに完了。

普段メンテナンスやオーバーホールなどは全てお店任せと言うズボラっぷりです。ブレーキ先端のバリはやすりを使い、少し時間をかけ綺麗にしました。

 

今回、初めてこのエルゴグリップと言う 人間工学に基づいたグリップを装着をしたのですが、滅茶苦茶快適でびっくりしました。手を置く際の面積が大きいので負担が減り握りやすくなりました。全ての自転車に搭載をしてもいいほどの出来です。

ミノウラ ボトルケージホルダーとボトルケージ

さすがミノウラと言える程のしっかりした商品で、グラつき、アソビがなくしっかりペットボトルをホールドしています。

 

パーツが本当は黒がよかったんですが、シルバーしか販売をしていないようです。このホルダーはシートポストに取り付ける方もいる様ですが、自分は前の方が使いやすいと思いこの位置にしました。

 

信号待ちなどでサッと飲めるのは本当にうれしいですね。今年の地獄の暑さの時に付けてればよかったと心底後悔しました。

 

早速、秋葉原、銀座へサイクリング

快適になった自転車で秋葉原までの通勤や、REGAL TOKYOさんへも自転車で伺ってみました。早くKAIZENをしておけばよかったなと後悔をした程でした。

 

改善 KAIZEN ですが、トヨタ生産方式で非常に有名になり世界中でこの『KAIZEN』と言う単語が使われています。自宅でもちょっとした気になる事を改善するととても快適になるので是非色々とやってみて下さいね。

トヨタ生産方式 - Wikipedia

 

汚れが長年気になっている箇所があり、電動ポリッシャーを購入したので、KAIZENをしてみたいと思います笑 掃除が好きでやり出すと止まらなくなるタイプの人間です笑

 

タイトルとURLをコピーしました