リーガルトーキョー 革靴のフルオーダーメイド 正式発注

日本最大の製靴ブランド REGALさんのフラッグシップストア、

 

『リーガルトーキョー で革靴をフルオーダーメイドする』

 

の連載ですが、先週の打ち合わせで全ての項目の記載が完了し正式に発注が出来ました。今日のブログでは、自分が発注をしたオーダー内容を見て行きたいと思います。

リーガルトーキョー 革靴のフルオーダーメイド 正式発注

下記が今回、依頼をした発注書になります。おおよその記載は、職人さんと店長さんで行って頂けたので、自分で記載をする箇所は名前、住所電話番号と署名欄のみとなります。

 

今回正式発注を行い、お店側からコピーして上記の書類を控えとして渡されました。ちょっと見づらいので大きくしてみましょう。

 

Bespoke Order Sheet

こちらが、正式なオーダーシートです。本来は全ての項目に記載されている物を渡されているのですが、今回掲載するのであえて消しています。

 

ORDER NO.と上部にありますが今まで作られて来たフルオーダーメイドの靴が通し番号になっており、出来上がった靴の内側にこのオーダー番号の記載がされます。今まで結構な数がフルオーダーメイドで作られていました。

 

オーダーシートの下には、同意事項の記載があるので、自分の名前を署名します。

リーガルトーキョー フルオーダーメイド 支払いに関して

オーダーシートに記載すると正式に発注となるので、この時にオーダーをする靴の料金 半額分以上を店頭で支払う事になります。

※オーダー後のキャンセルは不可なのでよ~く考えてから申し込みをしましょう。ちょっとした変更位であれば仮縫い前まででしたら可能との事です。

 

支払いに関しては、

・現金

・カード

・リーガル株主優待券

・リーガルギフトカード

・リーガルポイント

が利用可能です。残金に関しては、靴が完成時までに支払いを行う事になります。

 

以前にも記載をしたのですが、フルオーダーメイドの靴注文でも『リーガルポイント』が加算なるのでポイントアップキャンペーンなどを利用して支払いをすると、より多くポイントが溜まるのでオススメかと思います。

 

自分も最終的な支払いが確定していないので、何とも言えないのですが一体どの位のポイントが付くのかが楽しみです。数万円分はポイントが付くと思います。

仮縫いの予定日に関して

仮縫いの予定日が来年2019年の1月下旬と記載をされていますが、現在他のオーダーシューズ製作でとても込み合っているらしく、普段より少し時間がかかってしまうとの事です。

 

大体仮縫いまでは普通の場合でも、3か月程は時間をもらうとの事です。

 

仮縫いの日から約3か月後に納品予定なので、靴の完成予定 納品は来年2019年4月後半となります。待ち遠しいですね。

リーガルトーキョー フルオーダーメイドの各部詳細と金額

多分皆さんがもっとも気になるであろう、靴の各部詳細と今回のオーダーの金額になります。大変お待たせしました笑 公開はしますが、靴の仕上がりイメージだけはモザイクかけています。来年の仕上がりまでは一応、秘密です笑 おおよその仕上がりはぼんやりと分かるかと思いますが笑

 

デザインフルブローグ
甲革コスティル コロラド ♯83553
裏革デュプィ
メダリオン♯5
ハトメ————
踵仕様(市革)ヒールカウンター
ラストイメージ01NR
底付けH.W.
底材イタリア
ウエルト
化粧ダブテイル
底仕様ハーフMID

デザインは、フルブローグです。甲革に関しては、工房に保管をしていたコスティルのコロラドと言う革を使用します。

 

こちらの革ですね。上品なカタオシの具合と色合いが自分好みでした。

 

ラストに関しては、履きやすくシルエットが実に綺麗であった01NRDDと同じ物でとお願いをしました。01NRDDは昨年購入をしたのですが、改めてREGALさんの靴作りの良さを再認識をするきっかけにもなった靴でした。

 

ウェルトを、ストームウェルトにするか、平にするかを迷っており、仮縫いまでに結論を出す事になりました。中々悩ましいんですよね笑

オプションの金額 フルオーダーメイドの総額

オプション

フルブローグギザ20,000円
サイドバックメダリオン15,000円
スチール トゥ4,000円
39,000円

フルブローグにするとその時点で、+20,000円となります。今回はメダリオンを靴の3か所に追加で施すのでその分として 3×5,000円で15,000円がプラスになります。

 

そして、今回はスチールのトゥも付けるので+4,000円となり、合計で39,000円がオプション代となります。

 

実はここに記載をしていない物があって、革の残量次第で作れるのであれば、キルトとベルトも同じ革で作りたいと思っています。この場合ですが更にプラスをして、

キルト +10,000円

ベルト +25,000円

アップチャージになります。今現状ですと、甲革が1足作れるギリギリの量である為にキルトとベルトに関しては作れるかどうかが分からない状態になっています。

 

今回の現時点での総額が

お見積り

基本価格250,000円
オプション計39,000円
小計289,000円
消費税23,120円
合計312,120円

312,120円が今回リーガルトーキョーさんでの革靴のフルオーダーメイドの金額となりました。中々な金額になってしまいましたね笑

 

今回一切の妥協無しで本当に履きたいと思う物をお願いし、自分の足に合わせて作ってもらい、銀座と言う一等地でオーダーを行うと言う事なので、この金額は妥当なのかなと思っています。体験代ですね。

 

因みに次回以降2足目のフルオーダーメイドの注文を行う際は、木型修正無し、仮縫い無しなどの場合に限り、4万円程の値引きが可能 と言う事です。(※2018年9月現在)REGALさんの工房に自分だけの木型が収蔵されているのでこう言った事が可能なようです。これもフルオーダーメイドならではと言えますね。

 

あと、フルオーダーメイドの注文をすると全ての靴に

・桐箱シューズボックス

・シューツリー(23,000円相当)

・シューソックス

の付属品が付きます。桐箱って中々凄いですよね笑

次回の仮縫いは2019年1月末予定

2018年8月19日に、リーガルトーキョーさんで月一回行っているビスポーク相談会に参加をし話しを伺ってから、2回店舗に通い、2018年9月9日に無事正式発注となりました。

 

次回の仮縫いが2019年1月末となるので、進捗などありましたらまたこのブログに記載を行いたいと思います。完成が楽しみですね。

 

リーガルトーキョーさんでは毎月一回職人さんが店頭に来て、九分仕立てやビスポークについての相談を行っています。9月の日程は、9月30日(日)の予定との事なので興味のある方は是非一度話しだけでも行ってみるのも良いかと思います。

 

職人さん、店長さん共に親身になって対応してくれるのでオススメですよ。

 

仮縫いの靴が仕上がったので試着をして来ました。

リーガルトーキョー で 仮縫い靴の試着をして来ました
今日は気温も高く過ごしやすかったですね。インフルが流行っていますが体調管理には気をつけてこの2月を乗り切りましょうね。

REGALさんのパターンオーダーメイド、9部仕立て、ビスポークのカタログをまとめました。

REGAL 革靴のオーダーメイド カタログまとめ
現在連載中の 『REGAL TOKYOで革靴をフルオーダーメイドする』 の番外編です。実はREGALショップや REGAL TOKYOの店舗でオーダーメイド毎に各種カタログも用意されていますので、気になる方は店頭...

 

BESPOKE_REGAL TOKYO
タイトルとURLをコピーしました