思わず衝動買い サクラ クラフト・ラボ 003 真鍮製ボールペン 購入レビュー

昨日は湿度が高く、ムシムシとしていましたね。寝る時に少し窓を開けていた所、起床したら喉が痛くなっていました笑 皆さんもご注意下さいね。

 

 

本日はこのブログでは珍しい、筆記具の紹介になります。先日渋谷 itoya さんにたまたま訪れた際目にし『か、かっこいい』と衝動買いをしてしまったボールペンです。凄い久しぶりに筆記具を購入しました。

スポンサーリンク

思わず衝動買い サクラ クラフト・ラボ 003 真鍮製ボールペン 購入レビュー

SAKURA craft_lab
『新しい懐かしい、をつくる。』のプロダクトコンセプトを基盤に、サクラクレパスならではの大人の筆記具開発ラボ「SAKURAcraft_lab」のページです。

知らなかったのですが、クーピーで有名なサクラクレパスさんから『SAKURA craft.lab(サクラ クラフト・ラボ)』と言う名称で2018年から大人向けの筆記具が販売されているんですね。

 

10月に第4弾のモデルが販売を控えているのですが、今回itoyaさんでラインナップを拝見しその中でも自分の用途に一番合っていた003と言うモデルを、衝動買いしてしまいました。以下詳細です。

SAKURA craft.lab 003 外箱

SAKURA craft_lab 001
『進化するペン SAKURA craft_lab 003 。『新しい懐かしい、をつくる。』のプロダクトコンセプトを基盤に、サクラクレパスならではの大人の筆記具開発ラボ「SAKURAcraft_lab」の003製品紹介ページです。
SAKURA craft_lab(サクラクラフトラボ)003紹介動画

今回購入した、サクラ クラフト・ラボ 003です。封を切られていない完全な新品を用意してもらいました。チョコンと乗ったサクラの花びらが可愛いですね。

 

箱から取り出すと、クリップで保証書が付いていました。ロゴが実に恰好良いですね。

サクラ クラフト・ラボ 003 本体

モデル名SAKURA craft.lab(サクラ クラフト・ラボ) 003
材質真鍮
カラーゴールド
ペン軸0.8mm
インク材質水性顔料ゲルインキ
径サイズ13mm
全長112mm
重量55g
価格8,000円

真鍮で作られた、ゴールドのボールペンサクラ クラフト・ラボ 003です。001、002と他のモデルにも触れたのですが、003の金属の塊感がとても良く、本当に一目惚れでした。

 

ペンの太さは13mm、全長112mm  11.2cmと太くて短いと言うかなり特徴的な仕上がりになっているので、人に寄っては使いにくいと言うサイズ感です。が、この短めに作られていると言うのも今回自分にとって購入の決め手でした。

 

『The 金属』と言う感じで独特の見た目の本体です。真鍮の塊から削り出したであろうボディが実に美しいですね。自宅にある、ソリッドの真鍮キューブと一緒に撮ってみました。

あまり人には理解されないのですが、素材が持つ独特の見た目や風合いなどが大好きで、石、木、金属、アクリルなどで出来たキューブを自宅にコレクションしています。靴の撮影時に1つ写っていましたが、あれは『ゼブラウッド』で作られたキューブでコレクションの中の1つです。

 

真鍮ですが、密度が鉄などよりも重い 8.73 g/cm³ なのでずっしりとしています。この003も重量が55gと手に持った瞬間にペンの短さからは想像出来ない重さに驚くと思います。

 

真鍮は黄銅とも言われ5円玉にも使われており何気に身近な金属です。

黄銅 - Wikipedia

 

因みに↑で掲載した、真鍮のソリッドキューブですが5×5×5(cm)で、約1㎏となっていましてまるで凶器と言っても過言ではない程の重量をほこっています。

 

ペン先の出し入れですがノック式では無く、後部に付いているダイヤルを回して出し入れをします。ダイヤルの部分も削り込みが実に綺麗で、且つ遊びがないのでカチッとした操作感になっています。

RHODIA と 丁度良いサイズ

短くて太いと言うかなり特徴的なサイズ感なのですが、普段自分が愛用をしているRHODIAのメモ帳ととても合うので今後セットで利用をしようと思っています。

 

↑一緒に撮影をしてみましたが丁度良いサイズですよね。

 

以前はスケジュール帳なども使っていたのですが、最近はGoogleで管理をしているので全く使わなくなってしまったんですよね。最近文字を書く事と言えば、このメモ帳に

 

・柔軟剤とシャンプーを買って帰る

・床屋に予約を入れる

・FANZAのセール23時まで(何だこれ)

 

など、日常の些細な事を忘れない為にササっと書くぐらいになってしまいました。文字を書く事が極端に無くなってしまったので、たまに漢字が書けなくなっており自分でも驚いてます苦笑

RHODIA アノネイ社レザー メモパッド

RHODIAですが、普段本革のカバーを掛け使っています。も、もしや・・・、

 

と思った方鋭い、これもスコッチグレインです笑 アノネイ社の革を使った物で6年位前にアウトレットの店舗で購入しました。

 

スコッチグレインさんは革小物もちょこちょこと販売しているのですが、端材を使っているので安価で購入出来るのでオススメですよ。このメモパッドも3,000円しないで購入した記憶があります。

2015年のツィートがありましたが、今このメモパッド作っているんですかね?気になる方はお店を是非覗いてみて下さいね。

 

アノネイ社の多分革の具合からベガノカーフと思われるのですがこんな感じで経年変化していますね。普段は引き出しの中に入れており、書く際に取り出して使うと言った具合です。

問題発生 太くて入らないの

ペン刺しに装着をしようと思ったのですが、

 

『やだ、太くて入らない。もう壊れちゃうよ。』

 

と言う状態で困ったなと。こんな文章を深夜に一人で書いている中年に困りますよね…_(┐「ε:)_

 

何か無かったかな?と小物入れをゴソゴソ探していると、以前REGALさんで販促品として貰った一本刺しのペンケースが出て来ました。

 

これを切ってサイズを合わせれば丁度良い具合じゃないかと、ハサミでチョキン。

 

無事に、スコッチグレインとREGALのコンビでそろいました笑

結論 サクラ クラフト・ラボは コダワリが詰まっておりオススメ

話しが革小物に流れてしまったのですが、サクラ クラフト・ラボさんの筆記具ですがコダワリが詰まっており、シンプルで恰好良いので本当にオススメをさせて頂きます。

 

筆記具を購入したのなんて本当に久しぶりだったのですが、衝動買いをしてしまう程 003 に一目惚れでしたので是非興味のある方は文具店に訪れてみて下さいね。

 

販売店舗がかなり限定されているので、お近くのお店をサイトから是非チェックを。ネット販売無しと言うのも今の時代からすると逆にコダワリに感じられますね。

SAKURA craft_lab 001
『進化するペン SAKURA craft_lab 003 。『新しい懐かしい、をつくる。』のプロダクトコンセプトを基盤に、サクラクレパスならではの大人の筆記具開発ラボ「SAKURAcraft_lab」の003製品紹介ページです。

サクラ クラフト・ラボ リフィル が安価でオススメ

あと、今回リフィルも1本だけ購入したのですが、200円と良心的な価格も実に良いと思いましたね。サクラ クラフト・ラボの今後のラインナップにもかなり期待しています。

 

今回筆記具を記載したのですが、近い内に現在自分が利用保有をしている全ての筆記具を紹介したいと思います。

 

下準備として調べていて、持っている物の1本プレミア価格が付き高騰している事を知り驚いています。筆記具も好きな人は好きで奥深い世界ですよね。

 

以前にGrand Seikoの販促品カーボンボールペンの事を記載しています。

Grand Seiko グランドセイコー 購入特典 カーボンボールペン
前回のロレックスをもって無事に時計の紹介が全て完了しホッとしました。父親と長々と話しをして、以外な話しなどが出来収穫も多かったです。

 

タイトルとURLをコピーしました