スコッチグレイン OP-0515 外羽根ウィングチップ ウィズ:EEE 国産カーフ

ここ数日、雑記が続きましたが、本日から再度靴紹介です。残り10足きりました。長かったです。本日紹介は外羽根ウィングチップとなります。

 

以前に紹介をした、HA-3005を購入後外羽根のウィングチップも良いなあと思い、近いシルエットの物を中古で安く購入出来ました。

 

以前に記載をしたHA-3005になります。

スコッチグレイン HA-3005 匠シリーズ 外羽根ウィングチップ ウィズ:EEE アノネイ社 アルパイン 
前回に引き続きアルパインを使った靴のご紹介です。ブランド名、SCOTCH GRAINの由来にもなっている、型押し革(スコッチグレイン)のアルパイン。独特の革と、色の具合がもたらす相乗効果によって、自分は惹かれているのかもしれません。

 

 

スコッチグレイン OP-0515 各部詳細

ブランド名スコッチグレイン
型番OP-0515
ウィズEEE
デザイン外羽根ウィングチップ
製法グッドイヤーウェルト製法
甲革国産カーフ
中底牛革
表底トップゴムレザーソール

外羽根ウィングチップ OP-0515になります。昨年中古で購入をし、ラバーソール半張り、カカト交換、コバ磨き塗装と一式をお願いし、自宅で磨き上げました。ピカピカになっているのがお分かり頂けると思います。

 

HA-3005を購入した後に、その時に一緒に3005の黒を購入しなかった事を後悔し近い形の物を選んだらOP-0515になりました。OPはOpen Priceの略らしく一般的なモデルです。HA-3005も一緒に掲載をさせて頂きます。

シルエットは全く一緒と言う訳ではなく、OP-0515の方が広がりが大きく、HA-3005の方がシルエットを絞っており、格好良いです。

 

サイド全体

ロングウィングチップではなく途中で途中で終わるタイプの物です。そこまで重くならず軽快に履けます。

 

トゥ詳細

靴の修理屋さんから仕上がって来たので、軽く自宅でハイシャインを入れました。トゥ全面と言うよりか、先端に少しが自分が良く行う磨きです。

 

メダリオン

良く見かけるタイプのメダリオンです。磨いたお陰で良く光りを反射します。

 

レーススティ詳細

今回、紐もくたびれていたので、東急ハンズにて購入をしてきました。100円位とかで一番安く購入出来るので、ハンズは良く利用をします。平紐、丸紐は気分によって変えています。

 

ヒール背面

カカトを交換、コバ調整、着色とお願いをしたので非常に綺麗です。修理から仕上がって、一回だけ履きました。黒靴は本当に使用頻度が下がりました…。

 

正面全体

EEEなのですが、内側に絞っている為綺麗なシルエットです。HA-3005とシルエットの違いは、ワイズの最大幅です。HA-3005は最大幅を絞っているのですが、このOP-0515は若干広がっています。自分の中で許容範囲の広がりであったので、良かったです。

正面

外羽根にする事で、内羽根と変わってカジュアル感が強くなります。

 

背面

カカト交換、コバ磨き、着色、磨きで新品の様に綺麗になりました。

 

スコッチグレイン OP-0515 外羽根ウィングチップ ウィズ:EEE 国産カーフの感想

HA-3005のあまりの格好良さにほれ込み、近い形の物をと言う事で購入しましたが、こちらも負けず劣らず格好の良い靴で良かったです。

 

EEEと言うのを感じさせないシルエットで外羽根の靴を購入する際の参考にされて下さい。因みにですが、内羽根のウィングチップ、トリノ 925とシルエットを比較をしてみました。EEEとEなのですがここまで差があります。

内と外、EEEとEと今後楽しみながら履きわけて行きたいと思います。次回もウィングチップの紹介になります。

 

トリノ 925の紹介記事になります。

スコッチグレイン 925 トリノ フルブローグ 内羽根ウィングチップ ウィズ:E イルチア社 ボックスカーフ
昨日は、レディースラインの靴 ラフィーネ L-135のご紹介をしましたが本日はその隣にある925 トリノ フルブローグ 内羽根ウィングチップのご紹介になります。

 

スコッチグレインの靴のお手入れにオススメなブートブラックです。

タイトルとURLをコピーしました