スコッチグレイン シャインオアレイン R-1802  ダブルモンク ウィズ:E

暑い日と、肌寒い日が入り乱れて体調管理が難しい嫌な時期ですね。自分は少し喉が痛く本調子でない感じです。体調管理には気を付けましょうね。

 

それに合わせて靴好きには一番嫌な時期がすぐに来ますね、梅雨です。革が濡れるのを避ける為に、本革を避けるも、お気に入りの靴と違う為に気分が上がらず。かと言って革靴を履く訳にもいかず…。と言う憂鬱な時期です。

 

スコッチグレインから、雨の日用とうたい、『シャインオアレイン』と言うシリーズが出ており、本日はそのシャインオアレインのダブルモンク R-1802の紹介になります。

スコッチグレイン シャインオアレイン R-1802  各部詳細

ブランド名スコッチグレイン
型番R-1802
ウィズ
デザインダブルモンク
製法グッドイヤーウェルト製法
甲革国産撥水カーフ
中底牛革
表底SGソール

雨の日は、全てこの靴と言う事で随分とお世話になりました。が、撥水レザーと言う特殊な革の為、革靴本来の履き心地や、輝きなどが無いので履いていて、全く盛り上がらないと言う残念な靴です。

 

完全防水などでないので、縫い目部分から雨が入って来ますので強い雨の時などは、出社するまでの間で、靴下が濡れるなどはよくあります。

 

撥水レザーは、伸びがいいのか、革自体が薄いのか、通常普段自分が履いているサイズを購入するとかなり大きかった為に、ワンサイズ下げて購入をしています。確か購入は5~6年前のセールの時だった気がします。現在、シャインオアレインのダブルモンクは無いみたいですね。

 

サイド全体

ウィズ:Eであるので、綺麗なシルエットです。シングルモンク オデッサなどと同じシルエットの様な気がします。

 

トゥ詳細

雨の時はこの一足のみなので、コバ周りが痛み、傷なども多数付いています。雨によるボコボコの様な物もうっすらと見えます。

 

バックル部分

シルバーのシンプルなバックルです。バックルを固定する部分にゴムバンドが仕込まれており、一回一回錠を外す必要はありません。着脱は非常に楽です。楽なのですが、ずれる事はないです。

 

ヒール背面

カカトは過去に3回程交換しており、昨年末に交換したばかりです。

 

正面全体

全体的にくたびれた感じですね・・・・。

 

正面

綺麗なシルエットであると分かるかと思います、ソールはSGソールで跳ね返りが強いので、たまに履くと変な気分になります。只このソールは革靴特有の滑りがないので、安心に歩けます。

 

背面

全体的にやはり、元気がない感じですね。雨に濡れ、革も疲弊しているんでしょうね…。

 

スコッチグレイン シャインオアレイン R1802  ダブルモンク の感想

これから梅雨を向かえ雨が多くなる中、革靴は中々厳しいですが、そんな雨を向える為の、シャインオアレイン。革靴特有の光沢や、履き心地などは全くありませんが、一足持っておくと非常に重宝しますので、検討されてみて下さい。

 

雨が降るかどうか微妙、急に雨が降り出した時にと、会社にどうでも良い革靴を一足保管と言うのを自分はしています。何としてでもお気に入りの靴は守る。こう言うスタンスで乗り切っています笑

 

オデッサのダブルモンクを記載しました。

スコッチグレイン オデッサ 910 MBR ダブルモンク ウィズ:E アノネイ社 ベガノカーフ
ここ数日、新しめの靴ばかり掲載をしていましたので、エイジングが相当にすすみ傷もたっぷり入った靴の紹介でもさせて頂きます。 スコッチグレイン の大人気モデル オデッサ 910 MBR  ダブルモンク ウィズ:E です。確か今から...

 

スコッチグレインの靴のお手入れにオススメなブートブラックです。

タイトルとURLをコピーしました