SEIKO PROSPEX SBDY073 STBQ003 購入レビュー

皆さんこんにちは。本日電気店の時計売り場にSEIKOさんの新作、SBDX043 SBDC133を見に行ったのですが、ディスプレイに見慣れないツナ缶が展示されていたので一緒に見せてもらいました。

 

久しぶりの腕時計購入レビューです。

スポンサーリンク

SEIKO PROSPEX SBDY073 STBQ003 購入レビュー

左:SBDY073 (径サイズ 43.2mm) 右:STBQ003(径サイズ 38.7mm)

型番SBDY073
駆動方法メカニカル 自動巻(手巻つき)
キャリバーNo4R35 最大巻上時約41時間持続
サイズ
厚さ: 12.6 ㎜ 横:43.2 ㎜ 縦: 44.0 
重量105.0g
価格64,900円(税込み)
販売日2021年3月6日土曜日
販売数量レギュラーモデル
型番STBQ003
駆動方法ソーラー
キャリバーNoV131 フル充電約6ヶ月
サイズ
厚さ: 10.4 ㎜ 横:38.7 ㎜ 縦: 40.4 
重量64.0g
価格59,400円(税込み)
販売日2021年3月6日土曜日
販売数量レギュラーモデル
SBDY073 | Prospex(プロスペックス) | セイコーウオッチ
Prospex(プロスペックス) ダイバースキューバ(Diver Scuba) | SBDY073 | の詳細情報をご紹介いたします。セイコーウオッチ製品はお近くの時計店にてお買い求めいただけます。
STBQ003 | Prospex(プロスペックス) | セイコーウオッチ
Prospex(プロスペックス) ダイバースキューバ(Diver Scuba) | STBQ003 | の詳細情報をご紹介いたします。セイコーウオッチ製品はお近くの時計店にてお買い求めいただけます。

こちらが、新商品2021年3月6日に発売になった、径サイズ 43.2mm のSBDY073と径サイズ 38.7mm でレディース用とされているSTBQ003です。このモデルの事を全く知らなかったんですよね笑

 

昨年、STREET SERIESと銘打たれたSBDY059 SBDY061に近いのですが、バンドがシンプルな見た目になっています。

 

レディース用と記載をされた、38.7mm  STBQ003に一目ぼれしました笑

SEIKO PROSPEX SBDY073 STBQ003 試着

SBDY073 STBQ003の違い

SBDY073 STBQ003両方を試着。径サイズ 43.2mm のSBDY073と径サイズ 38.7mmのSTBQ003ここまで違いがあります。

 

径サイズの他に、中のムーブメントが機械式かソーラーか。インデックスのデザイン。デイト表示があるか、ないかなどの違いがあります。

 

一旦店員さんにお礼を言い、近くの喫茶店でコーシー(寅さん風)を飲み少し落ち着き考えます笑

 

『よし、買おう!!』

 

と今回、レディースモデルである38.7mm  STBQ003を購入しました。

おっさんがレディースモデルを購入です笑 ではレビューです。

SEIKO PROSPEX STBQ003 付属品

STBQ003の付属品は以下の3種となっていました。

 

ソーラームーブメント v131の説明書、保証書、タグとなっています。

 

V131って聴いた事のないムーブメントだなと思っていたら、SEIKO セレクションなど25,000円位のモデルに使われているみたいですね。

SEIKO PROSPEX STBQ003 各部詳細

型番STBQ003
駆動方法ソーラー
キャリバーNoV131 フル充電約6ヶ月
サイズ
厚さ: 10.4 ㎜ 横:38.7 ㎜ 縦: 40.4 
重量64.0g
価格59,400円(税込み)
販売日2021年3月6日土曜日
販売数量レギュラーモデル

人生で初めて、レディースモデルと言った物を買いました笑 とっても小さくて可愛らしい、SEIKOのツナ缶 STBQ003です。

 

38.7mmと非常に小ぶりながらもツナ缶の特徴である、外胴プロテクターはしっかりと装着。こんなに小さいながらもしっかりと200m防水と非常に優秀。

 

ツナ缶に憧れを持っている方は多いと思うのですが、サイズ感から難しいと思っていた方には本当に良いモデルであると思います。

 

自分も過去、ツナ缶は2回購入をした事があったのですが(SBDX011とSBCZ021)、そのあまりの大きさ、重さで、

 

『これ、普段使いには厳しいな…。』

 

と両方とも売却をした苦い記憶があります。(SBCZ021は重量250gで極悪と言える重量笑)今回の38.7mmのツナ缶であれば何とか使いこなせそうな気が…笑

 

写真だと分かり辛いのですが、メインとなるカラーはネイビー。そのネイビーでも結構暗めの色味を使っており、パッと見最初何色かが分からなかったですね。

 

ネイビーをベースカラーに使い、黄土色と言うのでしょうか?少しくすんだ肌色のインデックスとなっており、ベゼルの12~16時までは、ブラス色をしたカラーリングになっています。

 

良く見るとインデックスの外側部分に黒色のカラーも配置されていました。

 

外胴プロテクターがヘアーラインの仕上がりに対し、目立ちにくいのですがラグの部分は鏡面仕上げでツヤありが特徴的です。

 

本家ツナ缶は、ドットインデックスが採用されていますが、こちらのモデルはバーインデックスを採用、シュッとした印象に。

 

あと、本家ツナ缶には、矢印針が使われているのですが個人的にあの針が苦手なので、今回のこのシンプルな針を採用している、STBQ003に惚れましたね。オリジナルのファーストダイバーなどに採用されていた、シンプルな長方形の針が使われています。

 

リューズのサイドには、何も記載の無いシンプルな物を採用。内蔵ムーブメントが、ソーラーで動く、v131と言う物なのでSOLARの記載が入っています。

 

また、このレディースモデルは径サイズを抑える為か、『デイト表示』無し。まあ、あれば便利ですが、入って無くても全く問題はありませんね。

 

厚みは10.4mmと抑えられ、薄く仕上がっています。

SEIKO PROSPEX STBQ003 バンド

シリコンバンドを延ばすとこの様な感じに。レディースモデルなので、レギュラーモデルと比べると、バンドの長さに違いがあります。

 

SBDX019と比べると差はこんな感じ。

 

STBQ003は、上側が 78mm 下側が 130mm

SBDX019は、上側が 87mm 下側が 143mm

 

SBDX019のバンドは長いので、STBQ003のバンド位の長さが良いかもしれませんね。

 

STBQ003はラグ幅は18mmです。ツナ缶は、ラグが張り出していないデザインなので普通のモデルSBDX019と並べるとここまでの差があります。

 

斜めからの盤面。凄くシンプルで見やすいですよね。ベゼルは、上位モデル程のスムーズな動きではないですが、カチカチと左方向に回転可能。

 

遊環、尾錠ともにシルバーのタイプの物が使われています。

 

遊環は光沢があり恰好良い仕上がりなのですが、尾錠が少し安っぽい光沢の仕上がりになっており、ここがちょっと勿体ないなあと思いました。

 

裏面は良く見る、PROSPEXのマークで仕上がっています。

SEIKO PROSPEX STBQ003 ルミブライト

インデックス、針共にルミブライトが塗布されている為、暗闇でもしっかりと光ります。

SEIKO PROSPEX STBQ003 重量

STBQ003ですが、バンド込みでも63gと非常に軽量に仕上げられています。本当にびっくりする位の軽さです。

 

因みにですが、SBDX019のシリコンバンドで110gなので、どの位軽いのかと言うのが分かるかと思います。

SEIKO PROSPEX STBQ003のカン幅

STBQ003のカン幅(ラグ幅)は、18mmと言う結果になっています。

SEIKO PROSPEX STBQ003の尾錠幅

尾錠幅も一緒に計測をしてみました。16mmと言った結果。カン幅が18mmだったので、テーパー(先細り)が掛かっているのが分かりますね。

 

シリコンバンドですが、今回のSTBQ003専用の物になっており、品番は

 

R03N011J0

 

となっています。現在はSEIKOさんでも発売はしておらず、6月以降であれば販売が可能との事。

SEIKO PROSPEX STBQ003 オーバーホール代金は?

画像:SEIKO

2021年3月現在、STBQ003のオーバーホール代金は18,500円となっています。SOLARを使ったムーブメントって安価で驚きです。これならば、永く使えそうですね。

SEIKO PROSPEX STBQ003 試着

身長173.5cm、体重68kg、腕周り16.5cmのがっしり体型の男性で STBQ003 38.7mmを装着。綺麗に腕におさまり、本当にこのモデルがいかに小ぶりであるかと分かりますね。

 

比較の為にGrand SeikoのSBGR053の37mm。

 

SBDX019の39.9mm。

 

STBQ003 38.7mm と SBDX019 39.9mmでこんな感じになっています。サイズ感が本当に良くて可愛らしいです笑

 

一緒に並べると、ネイビーとブラックのカラーの違いが分かりやすいですね。

SEIKO PROSPEX STBQ003 動画レビュー

SEIKO PROSPEX ダイバーズウォッチ レディース ツナ缶 STBQ003 購入レビュー

新作レディースツナ缶のレビューを動画にしてみました。是非小ささを確認してみて下さい。

SEIKO PROSPEX STBQ003 感想

と言う訳で、店舗にSBDX043 SBDC133を見に行った際にたまたま見つけて購入をした、

 

『ミニミニツナ缶 STBQ003』

 

本来であれば、レディースモデルとなっているのですが、おっさんが着用をしても全く問題ないですね。売価が47,520円ですが、安っぽさも感じさせずに良い作り、出来です。

 

過去に、2度ツナ缶を購入しそのサイズ感に完璧にノックアウトされたのですが、今回のこの38.7mmであれば何とかなるはずと思っているので普段使いで気楽に利用して行こうと思います。

 

欲を言うならば『ブラックモデル』が販売される事を切に願っているので、SEIKOさん本当に何卒このサイズ感でのカラーバリエーションを期待しています笑

 

本日2021年3月6日にカラー違いカーキバンドの、SBDY075、STBQ005や、昨年発売されたSBDY059 SBDY061などもあるので、どの色がいいか?なども細腕のツナ缶ファンの方是非検討してみて下さいね。

 

本当に、全然気づかない内に素敵な商品がひっそりと販売されており、とっても良い買い物でしたよ。すっごい久しぶりに衝動買いをしたな~と笑

 

あと、時計コーナーの店員さんからどうもこの『ミニミニツナ缶』は初期ロットが少ないとの事であったので、売り切れ、未入荷の店舗もあるかもしれないのでご注意下さいね。

【追記】ネット流通限定モデル SBDY091 ブラックのツナ缶購入しました

ブラックのツナ缶SBDY091購入レビュー。

SEIKO プロスペックス ツナ缶 SBDY091 購入レビュー
皆さんこんにちは。先週の中頃からブログの表示が重くなっており、ご迷惑お掛けしています。今サーバー会社と改善に向けて色々と動いているので、解決まで少々お待ち下さい。 先週日曜日に行われたPayPay超祭り参加しましたか? ...

 

タイトルとURLをコピーしました