スコッチグレイン スパイダー ブラック 再び 革の染め替えから1年の経年変化

今週は雨が多いです…涙 雨用の革靴マトリックスが大活躍となっていますが、皆さんも雨用の物を用意するなどで凌いで下さいね。

 

 

今日社内で数名が集まり今後の業務効率化の為に若干の配置変えを行いましょうかとなったのですが、

 

『数名の男性が臭くて、隣の席に女性が行きたくないとクレームが起きている。』

 

と議題に上がっていました笑 少し前に記事にも書きましたが、『臭いは本当に悪』なので皆さんも洗濯物の生乾きの臭い、体臭など本当に気を配って下さいね。

 

臭いが気になる方は下記のブログを是非読んで下さい。

暑くなるこれからの時期のお供に
折角のお休みですが、雨で寒いと散々な1日でしたね。梅雨に入って行きますが、体調管理はしっかりとし笑って過ごしましょうね。

 

さてさて、本日のブログですが先週Twitterで知った、スコッチグレインのスパイダーの黒への染め替えになります。

スコッチグレイン スパイダー ブラック 再び 革の染め替えから1年の経年変化

先週Twitterのタイムラインに、この様な記事が上がっていました。

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)スパイダー の黒染め再び
目黒にある革靴の専門店『BROSENT(ブロセント)』。革靴のオーダー、メンテナンス、修理を受け付けています。こちらでは旬な情報や、マニアックなコラムなどを掲載していきます。SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のスパイダー。その個性的なデザインにファンが多い靴です。定期的にご依頼の入る「黒への染替え」その理由は...

自分も1年位前の2018年4月にスパイダーをブラックに染め変えをしていました。その際にお願いをしていたのが、今回のTweetをしていた、BROSENT SHOESさんでした。

 

Tweetを見ても分かる通りに素晴らしい染色技術で、どうみても黒の革靴に変化をしていますね笑

 

スコッチグレインさんで販売されている、スパイダーのベガノカーフは黒色が販売されていないんですね。栃木レザーを使用したタイプは黒が販売されているのですが、風合い、見た目がベガノと異なるので茶靴を購入し染め替えをするしかベガノカーフの黒を入手すると言う事は不可能になっています。

 

過去に記事を記載しているので、是非確認をしてみて下さい。

スコッチグレイン スパイダーの染め替え ST-634 SPIDER BLACK誕生しました 
なんやかんやと作業をしていると土日もあっと言う間に終わってしまいますね…。日中は暖かいのですが、夜は冷え込みと体調管理には気をつけて下さいね。

 

自分が革の染め替えを依頼して1年程経過したので、一体どの様に変化をしたのか確認をしたいと思います。

スパイダー ブラックの染め替えから 1年の経年変化

現在茶靴着用が多く、このスパイダーのブラックは月に1回履くか履かないかと言った感じで着用頻度はそこまで高くはありません。ブラックへの染め替え依頼から1年3カ月程経過し、こんな感じになっています。

 

色の剥がれ、退色は一切なく今現在でも綺麗な黒の発色があります。素晴らしいですよね。ブログ記事にも記載があったのですが、

 

勿論、上から色を塗る「顔料(塗料)仕上げ」は一切しておりません。

100%「染料」のみで革自体を黒に染めて仕上げてますのでしっかりと「エイジング」も

楽しめる仕上がりにするのがBROSENT(ブロセント)の染め替えの特徴です。

 

染料で染め上げているからなんですね。過去一回だけ他店舗に染め替えの依頼をした際に、顔料仕上げで染め替えをされた事がありました。塗料剥がれ、浮きが凄まじく、革靴を1足駄目にした事があります。

 

BROSENTさんでは、染料仕上げなので安心して長く履けるので本当にオススメです。

 

染め替えを依頼した際に仕上げで、軽めのハイシャインを入れてもらってました。今現在でもうっすらと光っています。

 

何処からどうみても黒の革靴になっています。本当にこの染色技術には驚くばかりです。是非革靴の染め替えを検討している方は、

 

BROSENT SHOESさん

 

を検討してみて下さいね。HPには過去に行った、染め替え事例を多数紹介しています。世界中の名だたるブランドの靴の染め替えを行っているので、安心して依頼をする事が出来るかと思います。

 

自分は依頼をする前に電話相談をした所、とても丁寧に染め替えの事を教えて頂けました。事前に相談などもありかなと笑

革靴の染替え
目黒にある革靴の専門店『BROSENT(ブロセント)』。革靴のオーダー、メンテナンス、修理を受け付けています。こちらでは革の染替えのご紹介しています。
染替例2
【靴(単色)の染替え例】 Medium Brown⇒Black
染替例3
【靴(単色)の染直し例】 Burgundy⇒Burgundy
染替例4
【靴(単色)の染替え例】 Dark Brown⇒Black
染替例5
【靴(単色)の染替え例~John Lobb】 Medium Brown⇒Black

なんと今なら黒靴オーダーが20%オフ

そして、7月の今現在、フランス アノネイ社 ボカルー ブラックカーフを使用した黒靴オーダーが20%オフになるセールを開催しているみたいですね。

 

オーダーシューズに興味のある方は是非BROSENT SHOESさんに確認をしてみて下さいね。

スコッチグレインさん 今だからこれの再販などもありなのでは?

昨今言われる、スーツ離れ、革靴離れですが、残念な事に今後ますますその傾向が強くなるかと思います。

 

『生産性を上げろ、利益の最大化!!』

 

などと企業は口をそろえて言いますが、スーツや革靴の着用は利益に全く関係ないですからね笑

 

そんな中、ストレートチップや、正統派革靴ではなく、スパイダーの様な遊び心がありオンオフ問わず使え着用機会の多い革靴が今後は脚光を浴びるのではないかなと思っています。あとは、レザースニーカーとかかな?

 

(販売終了)●上野店・ソラマチ店限定商品スパイダー・バリアント(税込み\45,150)

↑これは随分前に限定で販売されていた、スパイダーバリアントと言ったモデルなのですが、改めて2019年夏に見てもとても面白いラインナップだなと思います。これを見て、このモデルが欲しいと思った方も多いのではないかなと笑

 

脱スーツが叫ばれている中、正統派革靴とは違った切り口としてスパイダーの様な革靴が脚光を浴びてもいいかなと思っています。このスパイダーバリアント、限定で再販をしても売れそうな気がしまけどね。

 

あと個人的に、スパイダーがブーツなので、短靴仕様のスパイダー。シルエットをもう少し綺麗にして、あの継ぎ接ぎが短靴で出来れば相当人気になるのではと思っています。

 

今後も面白いラインナップを期待していますね。

 

スパイダーのレビューはこちら。

スコッチグレイン ST-634 スミダ認証モデル スパイダー ウィズ:EE アノネイ社 ベガノカーフ モルト仕上げ
昨日東京では突然の大雨と雹が降り大変な事になりましたが、一日明け関東甲信越は梅雨明け宣言が出されました。 ホッと一息ですが、ここ近年都内ではゲリラ豪雨などもありますので、職場に急な雨用のボロ靴を一足置いておくのがオススメです。...
スコッチグレイン F-500 マトリックス スパイダー ウィズ:EE 山陽
10月に入りましたね・・・。日が落ちるのも早く、これからどんどん寒くなりますが笑って過ごしましょう。間違い無く、気づけば12月年末とかになるんでしょうね・・・。早くて嫌になりますね笑

 

スコッチグレインの靴のお手入れにオススメなブートブラックです。

タイトルとURLをコピーしました