銀座 リーガルトーキョー 革靴オーダーメイド相談会に行って来ました

東京は銀座にある、REGALさんの フラッグシップストア である『REGAL TOKYO』(リーガルトーキョー) にお邪魔をして来ました。

 

 

REGALと言えば日本人であれば知らない人はいないと思われる、最大手の製靴ブランドですね。愛用の方も多いかと思います。もちろん自分も数足所有し愛用しています。

そのREGALさんが銀座にオープンをしているフラッグシップストアがREGAL TOKYOです。ブランドコンセプトとしては以下の通りです。

REGAL TOKYO ブランド

日本の中心「東京」。

その中でもビジネス・ファッション・カルチャーにおいても中心都市である「銀座」。その銀座に居を構え、REGALブランドの最高峰SHOPとして役割を担っている「REGAL TOKYO」。

そのREGAL TOKYOを御愛用いただいているお客様の強いこだわり、感性に応えるべく展開しているコレクションが「REGAL TOKYO」ブランドです。

REGALのハイクラスコレクションにふさわしくMade in Japanであることはもちろんのこと、製法や素材にもこだわり、フィッティングにおいても一味違う工夫を盛り込んでいます。

永く御愛用いただけるようにシルエットやデザインはあくまでもベーシックなものが中心となっていますが、靴好きのお客様のおしゃれ心をくすぐる工夫として、ライニングのカラーをパープルにしたり、ソールステインで遊んでみたりしているのも特徴です。

洗練されたモノへのこだわりをお持ちの大人の男性にお洒落を楽しんでいただけるラインナップとなっています。

HPより

〒104-0061 東京都 中央区 銀座1丁目6−13GINZA BLDG

℡ 03-3567-1400

営業時間:11:00~20:00  定休日:月曜日

銀座一丁目の駅から割かし近くの所にあり、『REGAL TOKYO』と書かれた大きな看板があるのですぐにわかるかと思います。お店が入っているビルの地下には、『グルガオン』と言うチーズナンが凄く美味しいカレー屋さんがあるので、食べて帰る事をオススメします笑

 

2018年8月19日は靴職人さんが工房から店舗に来て、『靴のビスポーク(フルオーダーメイド)』に関しての相談会を行っているとの事だったので、一度お話しをしたいなと行って来ました。

銀座 REGAL TOKYO(リーガルトーキョー) こんなお店です

REGALの最高級ブランドと言う位置づけのショップなので、普段街で見かけるREGALショップと内装や、商品のラインナップなどが全く違います。(以下リーガルトーキョーで記載統一します)

 

地方にお住まいの方でREGAL愛用者の方は東京に来た際は是非一度リーガルトーキョーに訪れてみて下さい、凄く素敵な空間です。撮影、掲載の許可を得ています。

 

天井が高く、落ち着いた調光の店内。ゆっくりと商品を見る事が出来ます。

真ん中の陳列机には今期の新作が並んでいました。

 

内装やインテリアが実に凝っており、普通のREGAL SHOPとは全く違います。

 

過去にららぽーとのREGAL SHOPに行き記載をしています。

東京散歩 番外編 REGAL SHOES ららぽーとTOKYO-BAYさんに行きました
昨日からの続きですが、少し前にららぽーとTOKYO-BAYのREGAL SHOESさんにお伺いをしていました。

 

『Built to order system』と言うパターンオーダーのサンプルが展示されていました。これに関しては後述します。

 

1階の奥まった箇所の壁面に、水染めコードバンを使用した靴の展示がされていました。この靴はこのリーガルトーキョーでしか購入出来ない物です。

 

金額はたしか90,000円ぐらいからで、コードバンにしては購入しやすい価格帯かと思います。コードバンが好きな方は是非店舗に訪れてみて下さい。

リーガルトーキョー の真骨頂 2階 ビスポークサロンへ

2階に移動します。

1階と異なり、2階は靴のビスポーク フルオーダーメイドをする際の採寸や、打ち合わせをする為のスペースになっています。過去に製作をした靴の展示、材やパーツがそこらかしこに展示をしており非常に恰好良く、靴好きであれば卒倒するスペース ではないかと思います。

 

置いている小物がどれもオシャレです。靴型の革サンプル。

 

キルトのサンプルとして飾られていた額縁。キルトだけで、こんなに数がありびっくり。ビスポーク フルオーダーメイドの場合であれば注文が可能だそうで、2つで1万円位になるとの事です。

 

自分が好きなカタオシの革。これアルパインの等級の低い物と以前に聴いていたのですが、『ハイランド』と言う名称ですと教えてもらいました。どっちが正しいんでしょうね?

 

カタオシでも非常に細かく種類があり、印象がガラっと変わります。革のサンプルを見ているだけで楽しいです。

 

店舗に展示されていた、3種類のオーダーメイドのサンプルシューズの数々です。

パターンオーダーのサンプルシューズ

値段的に1番注文しやすい価格帯の『Built to order system』パターンオーダーメイドのサンプルシューズ。カタオシ、ハイランドの皮革を使用したUチップ恰好良いですね。

工房九分仕立てのサンプルシューズ

パターンオーダーをより進化させた、『工房九分仕立て』のサンプルシューズ。より自由度が高くなり、色んな種類の靴があり見ていてとても楽しいです。

 

トランクケース、鞄の中に靴を展示していました。こちらも九分仕立ての靴です。

 

対面の箇所には、レディースの九分仕立ての外羽根ウィングチップが展示されていました。恰好良いですね~。

ビスポーク フルオーダーメイドのサンプルシューズ

ビスポークの靴は、ガラスケースの中に展示されていました。

3アイレットのクロコダイルを使用した物。迫力ありすぎです。これを作ったときの値段で50万円程で、現在作る際には要相談との事です。

 

ブローギングを施したUチップ。ありそうで無かった仕様で実に恰好良い靴です。

 

コンビの外羽根ウィングチップ。カラーリングが通常中々見る事のない組み合わせで実に個性があります。

 

個人的にツボだった、レディースのフルオーダーメイドのギリーシューズ。タンが無い本格的なタイプです。目ぼしいサンプルシューズは以上でした。

職人さんを交えてオーダーメイドについて

今回の本題である、靴のオーダーメイドの事を色々と伺いました。現在リーガルさんには、オーダーメイドが3種類ありまして、以下の様になります。HPが実に分かりやすいので時間のある方はご覧になって下さい。

REGAL オーダーメイド各種

オーダー名称受付店舗価格納期サイト
Built to order systemリーガルショップ47,520円から60日後詳細はこちら
工房九分仕立てREGAL TOKYOのみ140,000円から約3ヶ月詳細はこちら
ビスポークREGAL TOKYOのみ320,000円から約6ヶ月詳細はこちら

                           ※2019年06月現在

シンプルなパターンオーダーメイド、それを進化させよりフィッティングや細部に拘った工房九分仕立て、完全なるオリジナルのビスポークの3つに分かれています。工房九分仕立てとビスポークはリーガルトーキョーのみでの受付となります。

 

職人さん、店長さんに自分の好みでこんな靴を履きたいのですがとお伝えした結果、

 

『お伺いの内容だとパターンオーダーでは出来ないので、ビスポークでの対応になります。』

 

との事。

 

実はですね、昨年から今年に掛けてREGALさんで靴を数足購入をしていたおかげで、

 

ゴールドメンバーに昇格』

 

をしました。店員さんに伺ったのですが、リーガルトーキョーさんでのお買い物、靴のオーダーや、ビスポークの際にも、

 

『ポイントが付与される』

 

と聴き、びっくり。25万円の靴を作ってもポイントが付く、これはもう、1足作った方が絶対的にお得だろうと思い、

 

『リーガルトーキョー で ビスポーク フルオーダーメイドの革靴を作る』

 

と言う連載にし、靴の完成までこのブログに詳細を記載したいと思います。

過去に今まで、スーツや、ジャケット、ギターのフルオーダーメイドと言うのは行った事はありますが、革靴のフルオーダーメイドは初めての体験なので、一体どうなるのかと楽しみであります。

 

BESPOKE_REGAL TOKYO

 

再度来週店舗に訪問をし、詳細を詰める事になっています。果たして頭の中にある靴が本当に出来るのか?と言うのはあるので、まずは職人さんと、

 

『Be Spoken』

 

よ~く話して来たいと思います。ビスポークとはよく言ったもんですね。

 

靴のフルオーダーメイドに興味のある方もいるかと思いますので、極力、詳細、細部も書いて行くので楽しみにお待ち頂ければと思います。

 

スーツを着る事が無いので、仕上がる靴が参考になるかどうか難しい所ですが笑

 

リーガルトーキョーでフルオーダーメイドの革靴を作る その1 記載しました。

リーガルトーキョーで ビスポーク フルオーダーメイドの革靴を作ります
今日も随分と過ごしやすい一日でしたね。今週で8月も終わりなので、笑って過ごしましょうね。

 

タイトルとURLをコピーしました