リーガルトーキョー ビスポーク(フルオーダーメイド)No.577 フルブローグ ダブルモンク 革靴レビュー

日本最大の製靴ブランドREGAL。そのREGALの旗艦店 銀座にある リーガルトーキョー にうかがい、現在展開している『オーダーメイドシステム』を利用し3種類の革靴を作ってみました。

 

本日は最後の1つ、『ビスポーク(フルオーダーメイド)』の革靴レビューとなります。

スポンサーリンク

リーガルトーキョー ビスポーク(フルオーダーメイド)No.577 フルブローグ ダブルモンク 革靴レビュー

現在REGALさんでは下記3つのオーダーメイドシューズの注文が可能となっています。

 

REGAL オーダーメイドシューズ各種

オーダー名称受付店舗価格納期サイト
Built to order systemREGAL SHOP46,000円から60日後詳細はこちら
工房九分仕立てリーガルトーキョーのみ140,000円から約3ヶ月詳細はこちら
ビスポークリーガルトーキョーのみ320,000円から約6ヶ月詳細はこちら

2019年08月現在(外税)

簡単に書くと、上から

 

・パターンオーダー

・セミオーダー

・フルオーダー

 

となっています。フルオーダーメイドは 2019年現在32万円からと中々な金額となっているのですが、自分は価格改定前の昨年の注文だったので基本価格25万円スタートと少しお得に購入が出来ました。

 

世界に1足、あなただけの靴が仕上がるので、高価ですがその分の価値、満足感は十二分にあると思います。

 

リーガルトーキョーの2階には、沢山のフルオーダーメイドの革靴の展示がされており見るだけでも楽しめます。唯一ガラス棚に展示されているのも特徴です。

 

クロコダイルを使用した3アイレット。現在これを作ると50万円位からになるそうです。

 

気になった、ブローギングが入ったUチップ。ここでしか見た事のない特徴的なモデルです。

 

完全に0から作れる、フルオーダーメイドは色々な可能性があると言うのが分かるサンプルの数々です。では、今回自分がオーダー依頼をした、『ビスポーク(フルオーダーメイド)』は以下になります。

リーガルトーキョー ビスポーク(フルオーダーメイド) 注文詳細

※クリックで拡大します

自分の頭の中でおおよそのイメージが付いていたので、実際に愛用をしていた靴数足を店舗に持ち込み、そこから職人の田沼さん、門脇店長と詳細を詰めて行くと言う方法で進めました。

 

Pinterestも大活躍でした。画像が保存出来るサイトなのですが、そこで恰好良い革靴、デザインの意匠をありったけ保存をしていたので、それも3人で見ながら、ここをこうしてああしてとワイワイガヤガヤとまあ楽しかったです笑

 

トータルでこの様になりました。

 

・ビスポーク基本料金 250,000円 (2018年9月 価格改定前の注文)

・フルブローグギザ 20,000円

・サイドバックメダリオン 15,000円

・スチールトゥ 4,000円

合計 312,120円(税込み)

 

今回甲革で利用をした、コスティルのコロラドに余りがあれば、

 

革ベルト

キルト

 

を作ってもらおうと思っていたのですが、靴が仕上がり最終的に革の余り無しと言う事で、ベルトの注文は無し。キルトのみ、サドルシューズに使ったコスティルで今回は特例で作ってもらいました。(キルトは10,800円 フルーオーダー以外注文不可)

 

2018年8月の相談会に伺い、翌 9月9日に正式発注、年が明け2019年2月2日に仮縫いの試着、2019年6月16日に完成受け取り。

 

『281日 約9カ月』

 

程製作に要した事になります。本当に完成が待ち遠しかったです。写真を撮るまで履けなかったので、完成後は自宅机の上に置き2カ月程眺めて過ごしていました。

 

では『ビスポーク(フルオーダーメイド)』の革靴詳細です。

リーガルトーキョー ビスポーク(フルオーダーメイド)革靴レビュー

オーダー種類ビスポーク フルオーダーメイド
革靴の種類フルブローグ ダブルモンク
甲革コスティル コロラド ♯83553
裏革デュプィ
メダリオン♯5
ハトメ ————
踵仕様(市革)ヒールカウンター
ラストイメージ01NR
底付けH.W.
底材イタリア
ウエルト
化粧ダブテイル
底仕様ハーフMID
オプション・フルブローグギザ 20,000円

・サイドバックメダリオン 15,000円

スチールトゥ 4,000円

リーガルトーキョーで577番目に作られたフルオーダーメイド革靴です。

浦安にあるREGAL本社工房にて職人さんの手作業で仕上げられています。

 

まるで、重戦車の様ないかつい フルブローグ ダブルモンクが出来上がりました。相当派手なのですが、自分の普段着がLevi’sのジーンズに無地のラコステポロと地味なので足元位は派手でもいいかなと笑

 

数社から、この仕様に近い靴が販売されているのですが、

 

・装飾、ブローギングの配置が好みでない

・靴のシルエットが美しくない

 

この2点で大いに不満を持っていました。他社の製品を見ては、

 

『なぜ、ここにブローギングを入れない。なぜEEEワイズ…。』

 

と内心いつも思っていたのですが、無ければ自分で作ればいいと思い、昨年8月末にリーガルトーキョーのオーダー相談会に参加をしたのが始まりでした。

 

工房九分仕立てのダブルモンクでは、フルブローグに変更不可、フルオーダーメイド以外受付出来ないと聴き、遅かれ早かれいつかは、『フルオーダーメイド』をするだろうと思っていたので良い機会だと思いそのまま注文をしたと言う流れです。

 

あと、昨年REGALのゴールド会員になり、フルオーダーメイドでもポイントが付くと知ったのも大きいです笑

 

『281日 約9カ月』後に商品を受け取り試着をした時は、想像以上の仕上がりで本当に嬉しくて、職人の田沼さん、門脇店長と握手をしましたね笑 いい値段がしたけども、満足度が高く、最高の買い物、体験が出来たと思っています。

 

因みにこの靴ですが職人さん曰く、パーフォレーションとメダリオンの数が、REGALさんで作った靴の中でも過去最大数で、穴開け工程で職人さん泣かせであったとの事です。大変ご迷惑お掛けしました。

付属品 外箱 同封物

では、外箱から見ていきましょう。フルオーダーメイドでは、この様な外箱になります。

 

桐箱を使用した高級感溢れる外箱です。上面に焼き印でREGAL TOKYOの文字が入っています。

 

側面にも、REGAL TOKYOの印が入っています。何でもこの箱は、家具屋さんに特注で製作をお願いをしているらしく、最高級ラインであるフルオーダーメイドに相応しい仕上がりです。

 

同封物として、製作を手掛けた職人田沼さんから自分宛への手紙、布袋となっています。

 

『江戸紫』の布袋は、オーダー品であれば全てに付属します。

サイド全体

流れる様な美しいシルエットに、過剰とも思える程に装飾が入っています。

 

ベースとしたのは01NRDDで、あの靴を入手した事でREGALさんの靴作りの良さを再認識。リーガルトーキョーにオーダーしようと決意しました。

 

特徴的な甲革ですが、アノネイ社のカタオシ皮革アルパインに近い物をとお願いし、工房に残っていた、

 

『コスティル コロラド ♯83553』

 

を今回使用しました。

 

コスティルは現在廃業をしてしまい、工房の在庫も1足分作れるかどうかと言った微妙な量が残っているだけでした。

 

打ち合わせ時に確認をした、コスティル  コロラドの皮革。アルパインとは見た目が違うのですが、細かな模様が実に品があり色あいが好みであったのでこれでお願いをする事に決めました。

トゥ詳細

特徴的なメダリオン、脇にまで伸びています。店頭で流されていたビデオを見ていると、製作工程が映っており、あるシーンが気になりました。

 

BESPOKE_REGAL TOKYO

この動画のシーンですが、恰好いい装飾だなと思い、この靴と同じに出来ますか?と質問をすると、大丈夫ですよと言う事でそのままお願いをしました。実に安易です笑

 

装飾が脇にまで伸びる事で、よりゴージャス感が増したなと思っています。

メダリオン詳細

メダリオンも、何種類かの中から選択が可能であったので、01NRDDとは違う形の物で、且つ見た目が美しい物を選択しました。

 

今回 『革の断面は黒に、穴に黒のクリーム入れて納品して欲しい』 とお願いしました。これをする事でよりメダリオンやブローギングが強調された見た目になります。

 

少し甲革に黒が付いているのですが、使用をしている内に落ちて行くのでは無いかなと。受け取り時にこちらの靴もサービスで磨いてもらったので、軽いハイシャインでとお願いしています。

バックル詳細

尾錠は、ゴールドを選択。数種類の色の中から選べたのですが、ライトブラウンとゴールドの組み合わせはとても恰好良いので、迷う事無くゴールドにしました。

 

でバックル受けの部分を少し悩みました。今まで履いていた、ダブルモンクですと、バックル受けがゴムだったのですが、今回はフィット感をより高める為に、

 

前側を固定、後側をゴム 穴は一つのみで

 

と言う仕様に。現状は履く際 留めるには革が硬くてかなり難儀するので、今後の利用で留めやすくなると嬉しいかなと思っています。

ヒール背面

ヒール背面にもびっちりメダリオンが入っています。 これも先ほど↑にあった動画中の靴と同じ仕様でお願いをしました。

 

これが、大元になったサンプルシューズですが全く同じ具合に仕上がっています。

 

ヒールはピッチドヒール、コバは平、色はブラックでとお願いをしています。本体と底部分のメリハリが付き引き締まった仕上がりになるので、個人的に好きな仕様です。

正面全体

この靴の一番特徴的な部分が、甲に覆いかぶさるストラップの箇所かなと思っています。通常ここにまでブローギングが施された物を殆ど見た事が無く、ここにブローギングを入れたかった為にオーダーを依頼したので、躊躇無くお願いしました。

 

本当は、ここも一段落とし込みギザを内側にも入れたかったのですが、

 

『製法上それは出来ない』

 

との事で断念。真ん中の部分にメダリオンを入れる事は可能ですか?と伺うと

 

『それは可能』

 

と言う事であったので、ここにもメダリオンを入れてもらいました。大きなサイズの物は難しいと言う事であったので、婦人靴用のメダリオンのデザインちょっと小さい物を入れてもらっています。

 

あと、打ち合わせの段階で、ここのストラップの箇所を別の色の革

 

『コンビ仕上げでもありではないか?』

『斜めにして、ロブっぽくするもありではないか?』

 

などと話していたのですが、更にゴチャゴチャするなと言う事で一旦は却下しました。打ち合わせは本当に面白く、色んなアイデアを職人さんに伝えては、面白そうですね、いやそれは出来ませんなどと沢山話しました笑

01NRDDとのシルエット比較

今回靴のベースとなった01NRDDと比較の為に並べてみました。

 

左:フルオーダーメイド 右:01NRDD

作っている所がREGALと同じだけにほぼ一緒のシルエット、寸法になっています。素晴らしい技術ですね。

 

太すぎず、かと言って細すぎず優雅で美しいシルエットの01NRDDは近年購入した靴の中で文句無しの出来でした。因みにフルオーダーメイドの靴サイズは、25.0ですが、01NRDDは24.5とREGALの作りは大きいと言うのが分かります。

 

その他異なるのは、履き口の部分でしょうか。フルオーダーメイドはうねる様にせばまっているのですが、01NRDDは結構大きめな作りになっています。手作業と、機械の違いですね。

 

あと、01NRDDはストームウェルト仕様ですが、フルオーダーメイドは靴自体の装飾が過剰であり、これにストームウェルトはゴツ過ぎるなと思ったので辞めにしました。コバを01NRDDより薄目にして、軽く仕上げて下さいとも依頼、その違いが分かるかと思います。

正面

現状この様な浮いた状態で、返しが大きめに取られています。この返しがあると、履き始めが楽になると言うメリットがある様に感じますね。返しは、フルオーダーメイドが一番大きく出ていました。

 

スチールのオプションを付けていたので、今回はシルバーの取り付けをお願いしました。

背面

キュッと締まった、ゆるやかな形状を描くヒールカップ。これもフルオーダーメイド手作業ならではの仕上がりであると思います。カカトのメダリオンと相まって実にゴージャスな雰囲気を漂わせていますね。

 

ピッチドヒールでお願いをしたので、踵がゆるやかに内側にせばまっているのも見る事が出来ます。

アウトソール

スチールの取り付け、半カラス仕上げをオプションでお願いしました。縫い糸が見えないヒドゥンチャネルは高級感がグッと上がりますね。

 

無刻印で仕上がっています。と言うのも黒の真ん中の部分が大きく盛り上がっており、刻印を押す事が出来ないからです。どうやら、ハンドソーン仕上げの特徴の様です。

 

自分の人生で初めてのハンドソーン仕上げなので、今後履いて行く内に特徴が分かればなと思っています。こちらのサイトに、機械仕上げと手縫い仕上げの差が分かりやすく比較した記事があったので興味のある方はご確認を。

 

ベージュの部分に唐草文様の細かな装飾が入り、底面も一切手を抜く事なく仕上がっています。

インソール

インソールはベージュで統一をしています。REGAL TOKYOとBe Spokenのロゴが見えます。

 

ここでも気付くのが、履き口のうねりです。これも職人さんの手作業であるシルエットの違いですが工房九分仕立てよりも更に大きくうねっています。人間の足に合う様になっており、凄く考えて作られていますね。

 

土踏まずの部分の絞り込みもやはり大きく取られており、履いた際に抜群のフィット感があります。底材は今回店長オススメのハーフミッドソールにしたので、今後履く内にその特徴が分かればなと。

 

甲の滑らかなシルエットなど、本当惚れ惚れする工芸品の様な仕上がりです。

 

今回、インソール内窓のオーダーNoですが、自分の注文ミス、連絡ミスにより革靴に入らない状態で仕上がってしまいました。入れる文字を何にするか迷っていたのですが、連絡を忘れたまま製甲が仕上がってしまい、文字入不可となってしまいました涙 もしオーダーをする際は、連絡忘れにはご注意下さい。

 

商品の受け渡し時、試着の際に伺ったのですが、『工房九分仕立て』『フルオーダーメイド』の2足に関しては、履き込んでもインソールの沈み込みが既製靴と比べてかなり小さいと言う事でした。製法の違いかと思うのですが、変にブカブカになるよりはタイト目が好みなので今後の履き込みが楽しみです。

 

因みにフルオーダーメイドでは仮縫い靴と言う試作品を作り木型の具合、フィッティングや見た目を1回確かめる作業があります。

 

仮縫い靴、2019年2月2日に試着内容確認。本番用の甲革 コスティルのコロラドは1足分しか残量が無かったので別の革で仕上げられています。カタオシが無いと全体的に迫力が半減し、ツルンとした可愛らしい仕上がりです。

 

確認用なので、細かな装飾や、底材などは大まかに仕上げられています。

 

普段良く履く、厚みのある靴下を履いて試着。実際に動き履き心地の具合を確認します。職人の田沼さんは、入念に足周りの確認を行っていました。

 

最後に、ノミを使い切り裂き、内側の確認を出来る様にします。

 

切り裂いた靴でサイズ履き心地を確認、その後木型の微調整を行い本番に備える訳です。この仮縫いで作った靴はこれで役目を果たしたので処分となります。

 

1足の靴を仕上げるのに、都合2足分を作り手間暇を惜しまず入念に確認する事で、自分の足に合った抜群の履き心地を提供するフルオーダーメイドが高価なのはうなずけますね。

シューツリー

因みに現在写真に写っているシューツリーは、フルオーダーメイドで注文をした際の付属品でなく、靴完成後に別注文したツリーになります。

 

今回予算が余ったので、

 

『自分の木型から型を起こしたシューツリー』

 

を追加で注文しました。今回のオーダーで仕上がった自分の木型です。

 

この木型と寸分違わぬツリーを作ってもらったのですが、想像を絶する程素晴らしいシューツリーでしたので、後日リーガルトーキョーのシューツリーまとめに記載をしたいと思います。

 

シューツリーの出来の悪さ、品質のばらつきを嘆いている方も多いかと思いますが、ある所にはあるんだなと言う程素晴らしいツリーでしたので、掲載をお待ちくださいね。

太陽光でも撮影をしてみました

革の色合いですが、太陽光でも撮影をしてみました。実際はこんな感じになります。

 

コスティルのコロラドですが、ハイランドに似て、色味が現状オレンジ寄りになっています。今後の利用で、黄色に近い感じになってくれると嬉しいかなと。

 

経年変化でどうなって行くのかが非常に楽しみです。

 

今回、写真撮影でこんな感じの物も数枚撮っていました。是非一緒にご覧下さい。

受け取り時の試着。

リーガルトーキョー ビスポーク(フルオーダーメイド)感想

製作期間281日 約9カ月、店舗に訪れる事7~8回、打ち合わせ4~5時間、仮縫い靴の試作1回、と時間と手間を惜しまず製作されたリーガルトーキョー  フルオーダーメイド革靴No.577。

 

フルオーダーメイドの呼び方で、ビスポークと言う物がありますが、その語源が、

 

『Be Spoken(話す)』

 

から来ています。今回製作にあたり職人の田沼さんや、門脇店長と本当に色んな事を話し、ビスポークとは良く言った物だなと実感しました。

 

東京の銀座でオーダー内容を詰める為の話し合いは、実に豪華で優雅な時間でした。日本で最も大きく、且つ歴史のあるREGALと言う会社の工房に自分の木型が収蔵される、顧客リストに名前が載ると言うのは光栄で、本当に貴重な体験が出来ました。

 

またそれと同時に自分の頭の中にボンヤリとあった、

 

『本当に恰好良い物、自分好みの物』

 

を丹念に1つ1つ選別を掛けゆっくりと確実に具現化をしたので、完成品を目にし受け取った際、満足感や充実感で心が満たされました。製作に根気よく対応頂いた、

 

職人の田沼さん、門脇店長、大迫さん

 

本当にありがとうございました。今回オーダーした3足は今後人生の良きパートナーとして大切に履いて行きたいと思います。

 

またこのブログ上で、履き心地や経年変化のエイジングレポートなどを随時記載をして行きたいと思います。

 

ビスポーク(フルオーダーメイド)ですが、リーガルトーキョーでのみ注文可能です。是非、思い思いのあなただけの1足をオーダーしてみて下さいね。

 

自分思いの仕様、こだわりの1足は満足度が高く愛着を持てると思います。

 

REGALさんではポイント制度を採用しており、今回の様なフルオーダーメイドでもポイントが付与されるので、ポイントアップセールなどを使うとお得にお買い物が出来るのでオススメです。

 

リーガルトーキョー フルオーダーメイドの相談会に行って来ました。

銀座 リーガルトーキョー 革靴オーダーメイド相談会に行って来ました
東京は銀座にある、REGALさんの フラッグシップストア である『REGAL TOKYO』(リーガルトーキョー) にお邪魔をして来ました。

リーガルトーキョーでビスポーク フルオーダーメイドの革靴を作ります その1。

リーガルトーキョーで ビスポーク フルオーダーメイドの革靴を作ります
今日も随分と過ごしやすい一日でしたね。今週で8月も終わりなので、笑って過ごしましょうね。

リーガルトーキョーでビスポーク フルオーダーメイドの革靴を作ります その2。

リーガルトーキョー で 甲革の選定と足の測定
日本最大の製靴ブランド リーガルさんのフラッグシップストア、 『リーガルトーキョーで革靴をフルオーダーメイドする』 の連載ですが、先週2回目の打ち合わせに行って来ました。事前打ち合わせですが今回で無事に完了し、晴...

リーガルトーキョーでビスポーク フルオーダーメイドの革靴を作ります その3。

リーガルトーキョー 革靴のフルオーダーメイド 正式発注
日本最大の製靴ブランド REGALさんのフラッグシップストア、

リーガルトーキョーでビスポーク フルオーダーメイドの革靴を作ります その4。

リーガルトーキョー で 仮縫い靴の試着をして来ました
今日は気温も高く過ごしやすかったですね。インフルが流行っていますが体調管理には気をつけてこの2月を乗り切りましょうね。

リーガルトーキョーでビスポーク フルオーダーメイドの革靴を作ります その5。

リーガルトーキョー フルオーダーメイド革靴 支払い完了
GWの10連休もあっという間に終わってしまいましたね。何でも今年はお盆休みもそこそこあるとの事なので夏まであと少し頑張りましょう。

REGALさんの靴のオーダーメイドカタログまとめ。

REGAL 革靴のオーダーメイド カタログまとめ
現在連載中の 『REGAL TOKYOで革靴をフルオーダーメイドする』 の番外編です。実はREGALショップや REGAL TOKYOの店舗でオーダーメイド毎に各種カタログも用意されていますので、気になる方は店頭...

工房九分仕立てのオーダー内容をまとめました。

リーガルトーキョーで 工房九分仕立てのオーダーメイドシューズを注文して来ました
今週は大雨、暴風雨がありましたが無事週末になりました。日々暑くなりますが笑って過ごしましょうね。

フルオーダーメイドの革靴が完成しました。

リーガルトーキョー フルオーダーメイド革靴 完成
こんにちは、今日は昨日とうって変わり暑くてうんざりでした…涙 寒かったり暑かったり、雨だったり晴れだったりとせわしい毎日ですが体調管理には気を付け笑って過ごしましょうね。

リーガルトーキョー『Built to order system』詳細レビュー。

リーガルトーキョー Built to order system RT43 オーダーメイド Uチップ 革靴レビュー
日本最大の製靴ブランドREGAL。そのREGALの旗艦店 銀座にある リーガルトーキョー にうかがい、現在展開している『オーダーメイドシステム』を利用し3種類の革靴を作ってみました。 本日はその中の1つ、『Built to o...

リーガルトーキョー『工房九分仕立て』詳細レビュー。

リーガルトーキョー 工房九分仕立て No.1683 オーダーメイド サドルシューズ 革靴レビュー
日本最大の製靴ブランドREGAL。そのREGALの旗艦店 銀座にある リーガルトーキョー にうかがい、現在展開している『オーダーメイドシステム』を利用し3種類の革靴を作ってみました。 本日はその中の1つ、『工房九分仕立て』の革...

 

 

タイトルとURLをコピーしました