SEIKO プレザージュ SARX075 見て来ました

5.0

本日、2020年9月11日はSEIKO プレザージュの新商品が販売になったので早速見て来ました。

 

青文字盤 SARX077

白文字盤 SARX075

緑文字盤 SARX079

革バンド SARX080

 

こちらの4商品が本日発売開始、ECサイトでも購入可能です。一番お得な買い方としてはYahooショッピング、PayPayモールで、5の付く日にポイントアップでの購入かなと…。

 

前回のSARXシリーズ紹介記事はこちらから。

おっ、SEIKO プレザージュの新作SARX075いいかも
皆さんこんばんは。久しぶりの更新です。
スポンサーリンク

SEIKO プレザージュ SARX075 見て来ました

Sharp Edged Series | Presage(プレザージュ) | ブランド | セイコーウオッチ
セイコー プレザージュから、洗練された日本独自の美意識を根底に据え、研ぎ澄まされた感性で創り上げた新デザインコレクション「Sharp Edged Series」が登場。

店舗では、プレザージュ 『Sharp Edged Series』専用のカタログが配布されていました。

 

HP掲載の情報を一冊の簡易冊子にまとめた作りとなっています。

SEIKO プレザージュ SARX075 実機レビュー

4色まとめての写真を撮り忘れました…涙 あと今回SARX075ですが、先日記載をしたビックカメラSEIKO製品最大20%オフの対象外です。

 

20%オフ対象であれば、購入をしてましたね苦笑

 

型番SARX075
駆動方法メカニカル 自動巻き
キャリバーNo6R35(最大巻き上げ70時間)
サイズ
厚さ: 11.1 ㎜ 横:39.3 ㎜ 縦:47.2
重量155g

こちらが、今回試着をさせてもらった、SEIKO プレザージュの新作 SARX075です。白盤が一番使いやすく、汎用性が高いのかなと。

 

サイズは、39.3mmと割かし抑えて作られています。

 

写真からだと分からなかったのですが盤面、麻の葉文様の装飾の陰影がかなり強めにくっきり出ており、印象的な見た目になっています。光の加減でうっすら浮かびあがるのかな?位に思っていたのですがこれは意外でしたね。

 

バーインデックスの幅が細目と言うのも特徴です。針のルミブライトも見た時にインパクトがあります。

SEIKO プレザージュ SARX075 側面

やっぱり、Grand Seikoに凄く似ていますね笑 ケースにこだわったシリーズと言う事で、綺麗に作られています。

 

リューズ側面にはSの字が浮き彫りになっており、特徴的です。

 

シースルーバックになっており、内部機構が見える仕様になっています。この仕様が好きな時計ファンは多いのでは?

SEIKO プレザージュ SARX075 バンド

個人的に今回の一番肝となる部分 『バンド』 を見てみました。と言うのも、前回SARX069を購入した際に、

 

『バンド』

 

がどうにもこうにも残念な仕上がりだったんですね。プレザージュのバンドはこんな物なのかと…。

 

まあ定価が高級機に比べて安いと言うのはあり、仕方が無い所ではあるんですけどね。

 

で、今回の『Sharp Edged Series』はこんな仕上がりになっています。

 

結構しっかりしてますね。ヘアラインと、鏡面のコンビなんですが綺麗に作られています。

 

新品の商品でビニールコーティングされており、見づらいのですが、あ~これはと言う感じは無く、良い感じではないでしょうかね。

SEIKO プレザージュ SARX075 装着

実際に装着をさせてもらいました。腕周り16.5cm 身長173.5cm 68kgのがっしり体型の男性でこの様な感じになっています。サイズ感を参考にしてみて下さいね。

 

インデックスが細いですね。盤面とインデックスのバランスが少し気になります…。

 

ベルト、ケースの作りはこの様な感じです。

 

先に販売されていた、SARX055(定価130,000円 径サイズ40.8mm)と比べるとこんな感じになっています。

 

SARX075は、110,000円で径サイズが39.3mmと小さめなので、こっちでもありなのかなと。盤面の麻の葉文様が気にならないのであれば検討してみる価値はありますよね。

店員さんのご厚意でGrand SeikoとSARX075を比較しました

店員さんのご厚意で、SARX075とGrand Seikoを比較させてもらいました。Grand SeikoはSBGR315 定価 480,000円 径サイズ40mmです。

 

こんな感じになっています。やっぱりGrand Seikoは磨きが違い、輝きが圧倒的なんですよね。Grand Seikoの盤面インデックスの太さ、輝きに注目下さい、立体感があり凄く見やすいのがGrand Seikoの特徴です。

 

バンドも作りを似せてはいるのだけれども、パッと見でここまでの差がでています。

 

定価が、480,000円、110,000円と4倍近い差があるので、違いがあるのは当然なのですが、SARX075は普及帯価格の腕時計としては非常に頑張っている印象は受けたので、是非検討をしてみて下さいね。

 

最近SEIKOさんはプレザージュに凄く力を入れているので、今後のラインナップも楽しみにしたいと思います。

 

あと、プレザージュって、以前はプレサージュだったと思うのですが、いつから

 

『プレージュ』

 

になったんでしょうね笑  Presage 意味は、『前兆、予感』です。

 

腕時計、36~47mmサイズ12種比較。

腕時計 径サイズ 36mm~47mm 12種比較してみました
皆さんこんにちは、日増しにどんどん暑くなって来ていますね。直に梅雨に入りそうなので、雨対策はしっかり行って下さい。 ここ最近、SEIKO ダイバーの検索で多くの方が訪れています。SBDC107の発売日が近いからと言うのもあるん...

あの半沢直樹も着けているプレザージュ、『半沢直樹』ドラマ内の腕時計紹介記事。

【追記あり】半沢直樹 着用の腕時計は? スーツ、小物も調べました。
ようやく梅雨が明けました。ここから夏本番になりますが、熱中症とコロナには気をつけて笑ってすごしましょうね。

SEIKO プレザージュ2020年限定モデルSARX069購入レビュー。

SEIKO プレザージュ SARX069 購入レビュー
コロナウィルスで、全世界が振り回されていますが落ち着いて行動をしましょうね。

SEIKOのオーバーホール全て。

SEIKOにオーバーホール出しました 申し込みから完了まで
本日のブログではSEIKOさんに腕時計のオーバーホールを出したので、申し込みから完了までの一連の紹介をしたいと思います。

自宅で腕時計のバンド ポリッシュをしてみました。

自宅で腕時計のバンドを研磨(ポリッシュ)してみました
以前からやってみたいと思っていた『腕時計のバンドの研磨 ポリッシュ』を自宅でやってみました。本日はその紹介になります。

『男はつらいよ』の車寅次郎はSEIKOのダイバーを着けているのか?

『男はつらいよ お帰り寅さん』を映画館で観て来ました 寅さんのセイコー ファーストダイバー
今日も寒さが厳しいですが来週は火曜日休みで、翌々週も3連休と嬉しい連休続きなので頑張って2月を乗り切りましょうね。

 

タイトルとURLをコピーしました