リーガル 2017年イヤーモデル W50B DF ウィズ:EE

昨日の、6/1からスコッチグレインの今年2017年 Only One ウィングダブルモンクが販売開始になりましたね。

 

少し前に店舗にお伺いをし店員さんとお話しをして来たのですが、毎年7月と12月に販売をしているリミテッドモデル 限定企画品は昨年12月も無かったのですが、今年も無いそうです。その変わりに、今年は4月撥水シリーズ、5月のリミテッドモデル(木型にこだわるモデルコンビカラー)、6月Only Oneになったそうです。

 

年に2回のリミテッドモデルを楽しみに貯金などをしていた自分にとってはかなりショックだったのですが、会社の方針なのか販売無しは悲しい限りです。今週末にでも、コンビカラーとOnly Oneを見に行ってみたいと思います。今後も購買意欲を煽る、格好良い靴の販売を期待しています。この時期、販売開始のハガキを眺めるのが最高の楽しみだったんですけどね…。

 

今日のブログは、スコッチグレインではなく、リーガルのリミテッドモデル 2017イヤーモデルとなります。2016年から始まったリーガルの限定ラインで、2016年は見送ったのですが、2017年はかなり自分好みで、

 

『欲しい!!!!』

 

と思ったのですが、ネット販売ではあっと言う間に完売、あ~~こりゃ失敗したなあと落胆をしたのですが、先月たまたま覗いたリーガルショップで一足自分のサイズが残っていたので勢いあまって購入をしてしまいました。とても格好良い靴ですよ。

スポンサーリンク

リーガル 2017年イヤーモデル W50B DF 各部詳細

ブランド名リーガル
型番W50B DF
ウィズEE
デザイン外羽根コンビ ウィングチップ
製法グッドイヤーウェルト製法
甲革フランス産
中底牛革
表底レザーソール ヒドゥンチャネル

W50B DF 外羽根のコンビウィングチップ、ウィズ:EEで綺麗なシルエットです。使われているのは、フランス産とのみしか記載がないのですが、アノネイのボカルー(ブラウン)とアルパイン(ライトブラウン)のコンビだと思います。

 

以前にスコッチグレインの店員さんに教えて頂いたのですが、アノネイのアルパインにも仕分けのランクがあり、型押しが細かく均一な物が等級が高く、型押しが大きい物は等級が低いとの事でした。

 

この W50B DF に使われているのは、大きい物なので等級が低い物になりますね笑

 

2017年1月1日販売開始、限定260足で、ネット販売ではあっと言う間に売り切れていたのでまさか手に入るとは思っていなかったので、本当にラッキーでした。

サイド全体

綺麗なシルエットと言うのがお分かりいただけると思います。リーガルも高級ラインはコバの仕上げが若干特殊になるのですが、お分かりいただけますでしょうか?

 

クォーター(腰革)部分に入った、イヤーモデルの証明 2017の刻印入りです。ブローギングはもっと大きく、ギザが入った方が個人的には好みです。

トゥ詳細

リーガルのメダリオンの特徴は、先端の曲がり角にメダリオンがはみ出すんですよね。中々特徴がある形状です。

メダリオン

かなり印象の強いデザインですね。先端部分が曲がっている部分に及んでいるのが分かるかと思います。

レーススティ詳細

5アイレットです、紐は若干長めとなっています。甲革のシボと革とのコンビネーションが実に格好良いですね。

ヒール背面

アルパインのデコボコ具合が存在感を放っています。スコッチグレインと違い、釘の跡はありません。

正面全体

綺麗なシルエットであるとお分かりになるかと思います。試着のみでまだ一度も地面におろした事がないので、ほぼ新品の状態です。今後どの様な感じになるのか楽しみであります。

正面

コンビカラーが実に印象的で、格好良いですね。やはり紐が長いですね、自分好みの平紐にでも時間をみて変更したいと思います。

背面

レザーソール仕様なので、何層にもなっているのが分かりますね。釘跡がないので、非常に綺麗ですね。

ソール内側

ソールの内側にも、2017 YEAR’S MODEL と金色で印字されています。上部が破れている様にみえますが、これが通常の仕様です。

 

更に奥のソール部分には、『CONTOURED LEATHER INSOLE』と言う刻印がされています。

アウトソール

縫い目の見えない、ヒドゥン・チャネルでブランド名、と文章が刻印されています。イヤーモデルにふさわしく非常に凝った作りです。

 

ヒドゥンチャネルは、つま先の削れ具合が半端ないので中々履きおろすのに勇気がいります。さてさていつ履く事になるのやら…。

リーガル 2017年イヤーモデル W50B DF ウィズ:EEの感想

限定260足、2017年1月1日販売と言う事で入手は出来ないのかなあと思っていた靴ですが、たまたま入った靴店で、最後の一足が自分サイズで、カード購入で10%OFF、連休特典で数千円の商品券のプレゼント、ポイントアップとトータルで1万円近くの割引きで購入できるという、ホームラン級のラッキーの連続でお安く買えて非常に良い買い物でした。

 

スーツでもカジュアルでも使えそうなので、今後大切に履いていきたいと思います。

 

さてさて、2018年イヤーモデルは、REGALさんどの様な靴を出して来るのでしょうか?今回の様な通常ラインにはない、お洒落な靴を期待しているのであります。

リーガルトーキョーでオーダーシューズ3足作りました。

リーガルトーキョー Built to order system 革靴レビュー
日本最大の製靴ブランドREGAL。そのREGALの旗艦店 銀座にある リーガルトーキョー にうかがい、現在展開している『オーダーメイドシステム』を利用し3種類の革靴を作ってみました。 本日はその中の1つ、『Built to o...
リーガルトーキョー 工房九分仕立て 革靴レビュー
日本最大の製靴ブランドREGAL。そのREGALの旗艦店 銀座にある リーガルトーキョー にうかがい、現在展開している『オーダーメイドシステム』を利用し3種類の革靴を作ってみました。 本日はその中の1つ、『工房九分仕立て』の革...
リーガルトーキョー ビスポーク(フルオーダーメイド)革靴レビュー
日本最大の製靴ブランドREGAL。そのREGALの旗艦店 銀座にある リーガルトーキョー にうかがい、現在展開している『オーダーメイドシステム』を利用し3種類の革靴を作ってみました。 本日は最後の1つ、『ビスポーク(フルオーダ...

 

2018年モデルの事を店員さんに教えて頂きました!!

リーガル 2016年イヤーモデル W30B 発見!! 2018年イヤーモデルは?
大きめの台風が来るとの事で、連日の大雨、長らく太陽も見ておらず心も塞ぎ込みますね。台風が過ぎ去ると冬型の気圧配置になり、本格的な冬の到来です、笑って過ごしましょうね。

リーガルさんの旗艦店REGAL TOKYOへ行って来ました。

銀座 リーガルトーキョー 革靴オーダーメイド相談会に行って来ました
東京は銀座にある、REGALさんの フラッグシップストア である『REGAL TOKYO』(リーガルトーキョー) にお邪魔をして来ました。

REGAL TOKYOでフルオーダーメイドの革靴を作ります。

リーガルトーキョーで ビスポーク フルオーダーメイドの革靴を作ります
今日も随分と過ごしやすい一日でしたね。今週で8月も終わりなので、笑って過ごしましょうね。

 

アルパインを使用した靴の紹介記事が下記になります。

スコッチグレイン L-1315 2013年夏のリミテッドモデル ウィズ:E アノネイ社 アルパイン
前回のブログでアルパインの靴を記載しましたので、引き続きアルパインの靴の紹介です。 今から4年前の2013年夏のリミテッドモデル  限定企画品 のL-1315になります。
スコッチグレイン HA-1151 匠シリーズ ローファー ウィズ:EE アノネイ社 アルパイン
昨日はREGALの、2017 イヤーモデルを紹介しました。その際に、使用されている皮革アルパインの紹介をしましたが、本日はそのアルパインを使用したローファーになります。
スコッチグレイン HA-3005 匠シリーズ 外羽根ウィングチップ ウィズ:EEE アノネイ社 アルパイン 
前回に引き続きアルパインを使った靴のご紹介です。ブランド名、SCOTCH GRAINの由来にもなっている、型押し革(スコッチグレイン)のアルパイン。独特の革と、色の具合がもたらす相乗効果によって、自分は惹かれているのかもしれません。
スコッチグレイン HA-1675 匠シリーズ ウィングチップ ウィズ:EE アノネイ社 アルパイン
今回もまたまた、アルパインです。ただ今回のモデルは今まで紹介したモデルと違い、シルエットが丸みを帯びた物になります。
スコッチグレイン NL-2270 コンビウィングチップ ウィズ:EE アノネイ社 アルパイン
今回で、アノネイ社のアルパインを使用したスコッチグレインの靴は最後です。都合5回に渡って記載をしましたが、長いですね…笑。
スコッチグレイン HA-1150 匠シリーズ モンキーブーツ ウィズ:EEE アノネイ社 アルパイン
東京は本日もとても暑かったですね。無事に今週も終わり、ホッと一息です。

タイトルとURLをコピーしました